« 外画動画吹き替え放送50周年記念パーティー | トップページ | 「超落語!」読了 »

2006年10月26日 (木)

「文筆業サバイバル塾」第7回

 シブヤ・ネクサスにて、唐沢俊一先生の「文筆業サバイバル塾」受講。今夜は、その第7回、「文筆業の非常事態脱出法」。その内容は、実は、ごく単純な方法。したがって話は、どのようなタイプの文筆業者が、サバイバルの中で生き残れるのかにもおよぶ。先生の文筆業生活の中で実際に見聞きした体験をもとに、実例をあげてお話いただいた。おかげで、もの書きとしての自分を、あらためて振り返ることができた。要は、もの書きとは、活字を通して読者を楽しませる、という種類のエンターティナーなのだな、と勝手に納得する。

|

« 外画動画吹き替え放送50周年記念パーティー | トップページ | 「超落語!」読了 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/165037/4021562

この記事へのトラックバック一覧です: 「文筆業サバイバル塾」第7回:

« 外画動画吹き替え放送50周年記念パーティー | トップページ | 「超落語!」読了 »