« 『岡田斗司夫のプチクリ学園』OPロケ | トップページ | 「藤岡藤巻」ライブ »

2006年10月14日 (土)

『大進撃放送BONZO!』#79放送

 10月13日(金)26:30~27:00『大進撃放送BONZO!』#79放送される。

 この中で、共演の鶴岡法斎さんとともに、わたしが紹介している新製品。番組中でホームページのアドレスなども表示されているが、それも含めて、あらためて以下に書きます。

(1) アプリスさんの「ゲゲゲの鬼太郎ドリンク」

アプリスさんのホームページ
http://www.apris.co.jp/

「ゲゲゲの鬼太郎ドリンク」の掲載ページ
http://www.apris.co.jp/shop_lineup.html

 缶のデザインは奇抜だが、中身はしごくまっとうな果汁入りドリンクやコーヒーである。放送ではその一部の様子しか観られないが、鶴岡さんとわたしは、以下の4種のドリンクをすべて開封して試飲している。もうホント~に、SF大会の「ゲゲボドリンクの部屋」にいる気分でした。

●「目玉のおやじ汁(ドリンク)」ゆず(果汁4%未満)
●「ねずみ男汁(ドリンク)」夏みかん&はっさく(果汁30%)
●「妖怪珈琲」コーヒー(ミルク入り)
●「妖怪汁 其の弐」だいだいはちみつ果汁10%未満

(2) タカラトミーさんの「赤外線コントロールチョロQ -キューステア-」

タカラトミーさんのホームページ
http://www.takaratomy.co.jp/

「赤外線コントロールチョロQ -キューステア-」の掲載ページ
http://www.takaratomy.co.jp/products/qsteer/

 ポケットに入る大きさで、オリジナルと同じサイズのチョロQがリモコン操作できるのには、感動する。番組収録当日、OTCにたどり着いてみると、メーカーから送られてきたらしい未開封の商品があり、わたしの目の前で、ディレクターの藤井さんが中身を取り出したのだが、それからスタッフ、キャストが、みんなして遊びたおし、本番中に電池が切れないかと心配されたくらいだ。

Qステア QSS01 スカイラインGT-R R-34 スターターセット Toy Qステア QSS01 スカイラインGT-R R-34 スターターセット

販売元:タカラ
発売日:2006/09/30
Amazon.co.jpで詳細を確認する

Qステア QSS02 bBスターターセット Toy Qステア QSS02 bBスターターセット

販売元:タカラ
発売日:2006/09/30
Amazon.co.jpで詳細を確認する

Qステア QSS03 インプレッサWRXスターターセット Toy Qステア QSS03 インプレッサWRXスターターセット

販売元:タカラ
発売日:2006/09/30
Amazon.co.jpで詳細を確認する

Qステア QSS04 スバル360スターターセット Toy Qステア QSS04 スバル360スターターセット

販売元:タカラ
発売日:2006/09/30
Amazon.co.jpで詳細を確認する

Qステア QSS05 RX-8スターターセット Toy Qステア QSS05 RX-8スターターセット

販売元:タカラ
発売日:2006/09/30
Amazon.co.jpで詳細を確認する

Qステア QSS06 ステップワゴンスターターセット Toy Qステア QSS06 ステップワゴンスターターセット

販売元:タカラ
発売日:2006/09/30
Amazon.co.jpで詳細を確認する

(3) BEAMSさんの「ウルトラマン×BEAMS T」

BEAMSさんのホームページ
http://www.beams.co.jp/

「ウルトラマン×BEAMS T」の掲載ページ
http://www.beams.co.jp/beams/topics/topics_sheet/2006_sep_19_09/9.html

 放送ではカットされているが、これらのTシャツには、1枚にひとつずつ、ウルトラマンキーチェーンが付いている。これは20種類あり、ランダムに同梱されている。

 放送を観て初めて気づいたのだが、この中で、わたしはうっかり、成田亨さんのお名前を間違って「なりた・りょう」さんと言ってしまっている。正しくは、「なりた・とおる」さんです。お詫びして訂正いたします。

 また、番組中で、鶴岡さんがしきりに「蛍光灯の光」だの「固定カメラ」などとおっしゃっているが、これは、これまでのスタジオ収録とは、撮影環境が異なることを指している。

 例えば、引っ越し前のテレコムセンターにあった東京MXのスタジオだと、当然照明はスタジオの機材で当てられるし、カメラも1カメ、2カメ、3カメさんがいて、これにカメラマンがついていない固定のカメラが加わって、つごう4台のカメラが回っている。おまけに、ビューティーズが一緒だったりする。

 番組の最後では、鶴岡さんはついに、「別の番組に出してくれ」とまでおっしゃっているが、わたしは、OTCの番組なんだから、こんなもんだろうと思っている。これはつまりOTCとのつき合いの長さの差であろう。

 スタジオ収録は設備やスタッフが充実している分、出演者に緊張を強いるのである。スタジオでは、カメラさん、音声さん、照明さん、といった技術さんをはじめ、フロアディレクターやメイクさんなどがおり、また、サブには、スイッチャー、プロデューサーなどのスタッフが出演者を注視している。

 今回の収録では、スタッフはたった二人だけ。固定カメラの番をしているAD小俣氏と、もう一台のカメラを振っているディレクター藤井さん。ときどき、出演者ではない笑い声が聞こえるのは、この藤井さんの声。いずれも、業務用とはいえ、ミニDVのビデオカメラ。つまり、予算の縮小により、ダウンサイジングが行われたわけだ。番組が貧乏になるとは、こういうことだ。

 かくして、スタジオで味わう緊張感よりはるかにゆるい雰囲気の中、リラックスした収録が行われる。この番組は当分こんな感じでお送りすることになるらしい。視聴者の皆さま方も、リラックスしてご覧ください。

|

« 『岡田斗司夫のプチクリ学園』OPロケ | トップページ | 「藤岡藤巻」ライブ »

コメント

BEAMSはびっくりしたよ。
ひさびさ、BEAMSの名前を聞いたし、こんなことやったとはね。
かといってオタクがブランドに目を向けてくれるとは思わないけどね。
あ、電車でパーマンバッチのマークが付いたTシャツ着てる普通に見えるにいちゃんがいたが、かなりOTAKU文化が浸透したって事?
ならBONZO!もメジャーになってもいいもんだけどね(^^;
あ、そのTを見たとたん脳内で歌ってたのは当たり前。
パーマン、パーマン、パーマン、遠くで呼んでる声がっするぅ♪

投稿: noch | 2006年10月15日 (日) 01時28分

 まーねー。

 JR高田馬場駅の発車ベルの音が『鉄腕アトム』の主題歌のメロディだったりする世の中だからねえ。

投稿: 木全 直弘 | 2006年10月15日 (日) 01時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/165037/3806937

この記事へのトラックバック一覧です: 『大進撃放送BONZO!』#79放送:

» Qステア [流行通信★ハヤリものはコレだ!情報市場]
Qステアはコントロール可能の、ハイスペックなチョロQ! 自在に操る、まさに進化したチョロQ! 電池は車両、コントローラー共LR442個使用(同梱)。 前輪は左右に動くので操作が簡単。 バッテリーライフは約1時間(直線走行時)。 赤外線コントロール仕様。 チョロQと同じサイズ。 電池は車両、コントローラー共LR442個使用(同梱)。前輪は左右に動くので操作が簡単。 バッテリーライフは約1時... [続きを読む]

受信: 2006年10月22日 (日) 19時10分

« 『岡田斗司夫のプチクリ学園』OPロケ | トップページ | 「藤岡藤巻」ライブ »