« 『ヅラ刑事』 | トップページ | テレビ番組企画案打ち合わせ »

2006年11月11日 (土)

『BONZO!』撮影隊西へ 後編

 番組をご覧いただいた方には、お分かりのことと思うが、今回のロケ地は、横浜でした。横浜人形の家でのロケです。そこで開催中の「マルサン展」に行ってきたわけです。

 このロケの冒頭は、横浜人形の家の前の歩道を歩く鶴岡さんとわたし。このOPのトークを録った後、待機している間に、前編で書いた陛下との出会いがあったわけです。その後、マスコットの「ドルティー」ちゃんとともに通りでチラシ配りをしている、テデロスガールの久保亜沙香さんと神谷春花さんに遭遇、横浜人形の家で開催中の「マルサン展」に行く、という展開になるわけだが、むろん、その出会いが偶然であろうハズもない。もちろん、仕込みだ。

 放送ではカットされているが、久保亜沙香さんと神谷春花さんのお二人は、その「マルサン展」の会場で、開催されたイベントに出演された。

 さて、マルサンは、1923年(大正12年)の創業。しかし、実際に子ども向け玩具を発売するのは、1950年代のことだったようだ。実は、戦前に「メイド・イン・ジャパン」の名で海外に輸出されていた日本製品は、戦後、「メイド・イン・オキュパイド・ジャパン」(Made in occupied Japan:占領下の日本製)として輸出されていた時代があった。サンフランシスコ講和条約の締結、発効ののち、「メイド・イン・ジャパン」が復活したのだ。その後、マルサンは、ブリキ玩具を海外に輸出し、外貨を稼ぐことになる。

 あと、「BONZO! MUSIC XTREME」の中で久保亜沙香さんが歌っているシーンは、夕方、横浜人形の家4階で催された「テデロスガールライブ」の模様。そこに、神谷春花さんも加わって、何曲か、歌を披露した。

 マルサンの神永社長の登場シーンでは、わたしが視聴者プレゼントをねだると、社長がフラン星人のソフビを提供してくださる、という場面がある。その場で、急遽、ディレクターが社長にリクエストしたからだが、視聴者プレゼントが3セットになったのは、鶴岡さんが、「何セットですか?」とさらに押したため。さすがは、鶴岡さん。わたしには、とてもできない。

|

« 『ヅラ刑事』 | トップページ | テレビ番組企画案打ち合わせ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/165037/4161817

この記事へのトラックバック一覧です: 『BONZO!』撮影隊西へ 後編:

« 『ヅラ刑事』 | トップページ | テレビ番組企画案打ち合わせ »