« 忘年会その3 | トップページ | 『武士の一分』 »

2006年12月31日 (日)

コミックマーケット71一般参加

 コミックマーケット71、いわゆる、「2006年の冬コミ」に一般参加する。

 コミックマーケットは、同人誌即売会。開始以来、ほぼ毎年、お盆と年末の年二回開催されてきた。最初は、ごく小規模な催しだったが、次第に規模が拡大し、会場を移しつつ、現在では、広大な東京ビッグサイトの西館、東館をぶち抜きで繰り広げられる日本最大級のイベントとなった。その入場者数は、40万人とも50万人とも言われる。会場内に一歩足を踏み入れたとたん、あふれる熱気と見渡す限りの人の波に飲み込まれる。初めて訪れる者は、この光景に圧倒されることになっている。わたしは、毎度のことで慣れているので、同行のフリーデザイナーA氏とともに、さくさくと目的地へ進む。

 コミックマーケット準備会によれば、コミケに参加するのには、三とおりのパターンがあるという。まずは、一般参加。ショップで言えば、お客さん。同人誌などを買いに来る人たちである。第二に、サークル参加。こちらは同人誌などを売りに来る人たち。ただし、コミケでは、販売ではなく、頒布(はんぷ)という。第三に、スタッフ参加。コミケを運営する人たちである。わたしは、6回のサークル参加を含め、一般参加、そして、テレビ番組の取材などで、もう何回参加したか忘れたくらいだ。

 スタッフ参加する人たちには、会場内のテーブルやイスなどのセッティングをする人、一般参加者の行列を誘導する人たちなどのほかに、医療関係者もスタンバイしている。なにしろ、大勢が参加するイベントだ。中には気分が悪くなる人だって出る。

 1999年(平成11年)の夏コミで、コミケのカタログを印刷している共信印刷の社長の中村さんの依頼でコミケ公式ビデオのレポーターとして取材して回ったとき、お医者さんのチームの代表の方にお話をうかがったことがある。その方によれば、コミケ開催期間中は、外科、内科、小児科など、すべての科のドクターとナースがボランティアで勢ぞろいするそうだ。すなわち、この間、総合病院が丸々一つ開業できるスタッフが集うわけだ。地方の山村などでは、無医村と化す地域などもあると聞く。それに比べて、なんという充実した医療体制!

 今年の冬コミは、曜日の関係であろう、12月29日(金)~12月31日(日)となった。わたしにとって、もっとも思い出深いコミケは、忘れもしない、1998年(平成10年)の第55回コミックマーケット最終日の12月30日。この日、CS放送のテレビ番組『地球防衛放送パンドラ』のレポーターとして生まれて初めてテレビカメラの前に立った。これがわたしの芸歴の始まり。あれから、まる8年が経過したことになる。

 8年もやっていると、それなりに番組を観てくださっている方々もいらっしゃる。今日も見ず知らずの方から、声をかけられる。
「木全さんですよね」
「はあ」
「『フィギュアの王国』観てます。サインください」
と、ノートとペンを渡される。わたしのサインが何の役に立つのか分からないが、とにかく言われるままに名前を書く。といっても、サインの練習なんかしたことないので、ただ名前を書いただけ。なんか申し訳ない(^_^;

 今年は、コミックマーケット準備会前代表の米澤嘉博さんが亡くなられた年。といっても、コミックマーケット準備会は、すでに体制が確立している様子で、これといった動揺などは見られない。米澤さんには、上述のコミケ公式ビデオなどで取材させていただいた。わたしのもつ印象は、インタビューされ慣れている方、というもの。どんな質問を持ち出しても、穏やかに、そして、的確な返答をくださる。インタビューする側からすると、最も安心できるお相手。今頃は、天国から下界を見下ろし、微笑まれていることであろう。

 今回まわったサークルは、まず、文筆業サバイバル塾の塾長、唐沢俊一先生の東京文化研究所。先生にご挨拶して「ショウケイ・ロコ・カラサワ三大怪獣地上最大の鼎談」「文筆業サバイバル塾 Vol.1」の二冊を購入する。前者は、今年の9月にNHK教育テレビで放送された円谷英二についての監督の中野昭慶さん、女優の桜井浩子さん、唐沢俊一先生のお三人の鼎談を放送でカットされた部分も含めて収録している。諸般の事情により通販はしないそうなので、貴重である。後者は、文筆業サバイバル塾での唐沢先生のお話と塾生が寄稿した文章が掲載されている。わたしも書いていれば、献本を受けられるはずだったのだが、締め切りに間に合わなかったので、購入。次の機会には、ぜひ参加したい。

 次に、岡田斗司夫さんのスペースとこれに隣接する出版評論社さんのスペース。1号から購入している「月刊岡田斗司夫3号」購入。出版評論社さんのバーバラさんと塾生の方にご挨拶。最後に、自らサークルを出展している塾生のI氏のスペースへ移動して、やはり挨拶。あと数時間で今年も終わる。どなた様も、良いお年を。

|

« 忘年会その3 | トップページ | 『武士の一分』 »

コメント

 もう立派な有名人ですね。次は一体…?楽しみです。

投稿: キグルイ | 2007年1月 5日 (金) 23時10分

こんにちは。
大道芸観覧レポートという写真ブログをつくっています。
桜井浩子さんが出ている昔の広告もとりあげています。
よかったら、寄ってみてください。

http://blogs.yahoo.co.jp/kemukemu23611

投稿: kemukemu | 2007年1月23日 (火) 21時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/165037/4798243

この記事へのトラックバック一覧です: コミックマーケット71一般参加:

« 忘年会その3 | トップページ | 『武士の一分』 »