« 「月刊岡田斗司夫3号」読了 | トップページ | 企画会議×2 »

2007年2月14日 (水)

『フィギュアの王国』#108観る

 『フィギュアの王国』#108観る。今回は、なんとフィギュアのルーツともいうべき土偶、埴輪の特集。冒頭、珍しい木原所長の山梨県立考古博物館レポートから始まる。このテーマは、最近、ディレクターの荒木さんが担当した『宮内洋探検隊』にちなんだもの。ゲストも同作品のプロデューサー、岩佐陽一さん。そして、もうお一方は、学研「ムー」編集部の牧野さん。

 番組中でも述べているが、今回取り上げた中では、動物をかたどった品々がかわいかった。このデザインそのままで、プラスチックで作って、「これが今回のグリコのおまけです」と言っても通用するくらいだ。はるか昔に、このような造形センスが存在していたとは。

|

« 「月刊岡田斗司夫3号」読了 | トップページ | 企画会議×2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/165037/5363811

この記事へのトラックバック一覧です: 『フィギュアの王国』#108観る:

« 「月刊岡田斗司夫3号」読了 | トップページ | 企画会議×2 »