« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月28日 (木)

玩具メーカーさん取材

 某玩具メーカーさんの社長さん宅兼事務所を取材。

 といっても、取材場所は、社長さん宅ではなく、お住まいのマンション内のシアタールームと呼ばれる部屋。

 マンションの住民のための共用スペースとして、客席数15席程度の視聴覚室みたいな部屋が設けられているのだ。ビデオデッキやDVDプレーヤーを完備。取材の前に同じフロアにある廊下の端のトイレに立ったら、レストルームの扉を開けると自動的に明かりが灯るという仕掛けでまた驚く。なんてバブリーな(^_^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月26日 (火)

コトブキヤさん記事掲載

 先日取材したコトブキヤさんのインタビュー記事が、インターネットのニュースサイト「マイコミジャーナル」に掲載された。

 記事は、以下のとおり。

【インタビュー】
『インディ・ジョーンズ』映画最新作公開記念 - コトブキヤの新商品はコレだ!!

(1) ARTFXシリーズの最新商品
http://journal.mycom.co.jp/articles/2008/02/26/kotobukiya/index.html
(2) 世界初の商品
http://journal.mycom.co.jp/articles/2008/02/26/kotobukiya/001.html
(3) 公式設定に基づき精密に再現
http://journal.mycom.co.jp/articles/2008/02/26/kotobukiya/002.html
(4) ぜひ実物をご覧ください
http://journal.mycom.co.jp/articles/2008/02/26/kotobukiya/003.html
(5) インディ・ジョーンズが帰ってくる!
http://journal.mycom.co.jp/articles/2008/02/26/kotobukiya/004.html
(6) 商品の企画段階では
http://journal.mycom.co.jp/articles/2008/02/26/kotobukiya/005.html
(7) 様々な声から生み出される商品
http://journal.mycom.co.jp/articles/2008/02/26/kotobukiya/006.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月23日 (土)

『大進撃放送BONZO!』

 『大進撃放送BONZO!』#150観る。

 この番組も回を重ねて150回目の放送。この中で、わたしは、マルサンさんの社長・神永さんによる新商品紹介コーナーと成型工場からのレポートに参加。

 工場の見学は以前から申し入れていて、やっと実現したもの。版権の関係で、カメラが入れる日が限られるからだ。

 いずれにしても、製品の生産現場のリポートというのは珍しいので、これは受けるだろうと狙った企画が実現してうれしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月21日 (木)

玩具メーカーさん取材

 都内某玩具メーカーさんを取材。

 インタビューさせていただいた商品の企画・開発ご担当の方は番組の出来をえらく気にしておられたが、なんの、大変結構なお話でした。

 取材後、スタッフを帰して、わたしだけ、とあるプレゼンをする。ああ、企画が通りますように(^_^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月18日 (月)

確定申告

 平成19年分の確定申告をしに行く。

 会場は、所管の税務署の窓口ではなく、そこから電車で一駅行った市民ホールの特設会場。

 午後から行ったのだが、初日からすでに、申告書を作成する人たちが列をなしている。

 わたしは、自宅で作成済みだったので、誰も並んでいない受付に関係書類を提出しただけで手続き終了。2分で済んだ(^_^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月16日 (土)

『大進撃放送BONZO!』観る

 『大進撃放送BONZO!』#149観る。

 今回は、先日取材したコトブキヤさんのインタビューの模様も放送された。

 最近のフィギュアはどんどんできがよくなってきているわけだが、今回ご紹介した『インディ・ジョーンズ』のハリソン・フォードとショーン・コネリーの顔は、本当によく似ている。今にも若山弦蔵さんの声が聞こえてきそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月14日 (木)

hitomiさん記事掲載

 先日取材した hitomi さんのインタビュー記事が、インターネットのニュースサイト「マイコミジャーナル」に掲載された。

 記事は、以下のとおり。

【インタビュー】バレンタインデースペシャル - メイドでアイドル?! 秋葉原のトップメイドルhitomiさんに聞く"ご奉仕の心"

(1) おかえりなさいませ、ご主人様、お嬢様!!
http://journal.mycom.co.jp/articles/2008/02/14/maidcafe/index.html
(2) 「愛込め」で、いっそうおいしくいたします!!
http://journal.mycom.co.jp/articles/2008/02/14/maidcafe/001.html
(3) 「萌え萌えじゃんけん」を発明しました!!
http://journal.mycom.co.jp/articles/2008/02/14/maidcafe/002.html
(4) 実はわたし、ドジっ娘なんですぅ!!
http://journal.mycom.co.jp/articles/2008/02/14/maidcafe/003.html
(5) ハートにもメイド服を!!
http://journal.mycom.co.jp/articles/2008/02/14/maidcafe/004.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月12日 (火)

遺言第三章

 新宿ロフトプラスワンで開催された岡田斗司夫さんのイベント「遺言第三章」を聴きに行く。

 今回は、岡田さんをはじめ、山賀博之、庵野秀明、赤井孝美各氏のガイナックスにおける立ち位置や社長だった岡田さんを追い落とそうと企てられたクーデター事件のいきさつを岡田さんご自身の口から聴くことができておもしろかった。

 ガイナックスファンのあなた、そのへんの事情を知りたいでしょうなあ。しかし、岡田さんはこの件に関して本を著す手間を惜しんでいるようなので、知りたい方は、当日の聴衆の方々のブログでも検索してください(^_^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月11日 (月)

hitomi さん取材記事脱稿

 秋葉原のメイドカフェ、@home cafe さんのメイドさん hitomi さんのインタビュー記事を突貫工事で仕上げる。この記事は、バレンタインデーのスペシャル企画として掲載される。

 えっ、まだバレンタインまでには日があるって? いやいや、掲載までには、まだ、彼女の所属事務所さんの承認をとりつけなくてはならないのだ。その分の時間を考えると、これでもギリギリのスケジュールだ。ああ、間に合いますように(^_^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 8日 (金)

hitomi さんインタビュー

 秋葉原のメイドカフェ、@home cafe 本店下店にて、アイドルメイドの hitomi さんにインタビューする。

 事前の情報で、かわいらしい外見のわりにはハキハキしたタイプの女性だということは分かっていたのだが、実際にインタビューしてみると、話のペースが速い速い。

 あやうく置いてきぼりになりそうになるのをどうにかもちこたえて、なんとか形にする。これから大急ぎで記事を書かなきゃ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 5日 (火)

『フィギュアの王国』スタジオ収録

 『フィギュアの王国』#115スタジオ収録。

 今回も話のネタを仕込んで行く。ネタは2つ考えてあったのだが、トークの流れでそのうちの一方だけを話す。

 ちなみに、話さなかった方のネタは、東映アニメーションさんについての話。同社は、コミックスの原作をアニメ化して人気作をものにしてきた実績を持つ。

 今から40年以上前、同社が初めての宇宙ものを世に送り出したときも、やはり原作を確保していた。『Zボーイ』という作品である。

 この『Zボーイ』の作者は漫画家スタジオの所属メンバーであり、そのスタジオと当時の東映動画は、共同でアニメ化を進めていった。しかし、途中で話がこじれ、両者は決別。原作を失った東映は急遽企画をひねり出し、できた作品が『宇宙パトロール ホッパ』だった。

 一方、漫画家スタジオの方もアニメ化の志を捨てきれず、自らアニメ制作会社を立ち上げ同社初のテレビアニメ『宇宙エース』を苦心の末創り上げる。この会社こそ、ほかならぬタツノコプロダクションなのだ。

 といったような話を去年の夏、インタビュアーとして、当時の関係者の方々に聴きまわっていたわけだ。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2008年2月 3日 (日)

「われわれはどこへ行くのか?」

 松井孝典著「われわれはどこへ行くのか?」読了。

 松井氏は、東京大学大学院の教授。専門は、惑星物理学・アストロバイオロジーというものものしい語感の学問である。NHKの宇宙関連の番組にたびたび参加されている方でもある。その先生が、一般にも理解できるように、ご自身の研究を分かりやすく解説しておられる。

 そもそも松井先生の論を知ったのは、偶然観たテレビのインタビュー番組。話の内容があまりにもおもしろくて一発でファンになり、この本を読んでみた。

 松井先生には、ぜひじかにお話をうかがってみたいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 1日 (金)

安斎レオさん取材記事

 先日取材した安斎レオさんのインタビュー記事が、インターネットのニュースサイト「マイコミジャーナル」に掲載された。

 記事は、以下のとおり。

【インタビュー】世界にただ1人のフリー玩具プロデューサー - 安斎レオ

(1) 玩具プロデューサーとは
http://journal.mycom.co.jp/articles/2008/02/01/anzai/index.html
(2) フリーだからできること
http://journal.mycom.co.jp/articles/2008/02/01/anzai/001.html
(3) 玩具プロデューサーへの道のり
http://journal.mycom.co.jp/articles/2008/02/01/anzai/002.html
(4) コレクターからクリエーターへ
http://journal.mycom.co.jp/articles/2008/02/01/anzai/003.html
(5) これからの安斎レオ
http://journal.mycom.co.jp/articles/2008/02/01/anzai/004.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »