« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月31日 (月)

平山亨先生

 取材で平山亨先生にお会いする。

 平山先生は、一言で言えば、『仮面ライダー』や『ゴレンジャー』などを発明なさった方。

 何年ぶりかでお会いしたのだが、お元気で饒舌なところはお変わりない。あっという間に、2、3時間経過する。

 先生には、まだまだ、うかがいたいお話がたくさんある。どうか、これからも、お元気で。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月28日 (金)

『モーレツ怪獣大決戦』記事掲載

 先日、唐沢なをきさんと堤哲哉さんにインタビューした『モーレツ怪獣大決戦』についての取材記事が、インターネットのニュースサイト「マイコミジャーナル」に掲載された。

 記事は、以下のとおり。

【レポート】
映画『モーレツ怪獣大決戦』DVD発売記念企画 - パチモン怪獣バトルの魅力

(1) パチモン怪獣大あばれ
http://journal.mycom.co.jp/articles/2008/03/29/pachimon/index.html
(2) パチモン怪獣バトルの魅力
http://journal.mycom.co.jp/articles/2008/03/29/pachimon/001.html
(3) 怪獣もののあるべき形
http://journal.mycom.co.jp/articles/2008/03/29/pachimon/002.html
(4) ティム・バートンもパチ怪獣ファンに
http://journal.mycom.co.jp/articles/2008/03/29/pachimon/003.html
(5) あなたも怪獣になれる?!
http://journal.mycom.co.jp/articles/2008/03/29/pachimon/004.html
(6) 怪獣ものの見立てのおもしろさ
http://journal.mycom.co.jp/articles/2008/03/29/pachimon/005.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月25日 (火)

ムック本の仕事

 先日打ち合わせたムック本の件で、ゲストで執筆していただきたい方の事務所に参加の打診をする。

 自分の分の原稿を書き上げたと思ったら、今度は、スタッフの一員として交渉係も務めることになってしまったというわけさ(^_^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月22日 (土)

ムック本打ち合わせなど

 まず、資料にする本を買いに秋葉原に出る。

 次に、去年単行本の出版として立ち上がった企画がムック本の形に変更になったというので、その件について、水道橋にて打ち合わせ。

 さらに、仲間と一緒にベンチャー企業を立ち上げた友人が休日出勤している代々木の職場を見舞い、最後に、新宿ロフトプラスワンに寄って、「パチモンサミット2008春」にご出演の唐沢なをき、喜井竜児、堤哲哉のお三方にご挨拶。

 気がついたら、山手線を横断していた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月19日 (水)

U.S.S.エンタープライズ号

 3月16日(日)放送のNHK・BS2『熱中時間 忙中“趣味”あり』の録画観る。

 この中で紹介されているのは、なんと、U.S.S.エンタープライズ号のラジコン潜水艦。

 プラモデルをラジコンで無線操縦できるよう改造し、JAMSTEC 内のプールで航行させているのだ。大きなプールを宇宙に見立てて、宇宙を飛ぶエンタープライズ号の様子をプールの中を自由自在に泳がせることで再現している。

 ほかにも、宇宙戦艦ヤマトやスペースシャトルやサンダーバード4号の潜水艦が……(^_^;

 うーん、すばらしすぎる。一体どこの誰がこんなことを考えたのか。って、ネットで検索するとすぐ出てきたが(↓)。

水中ラジコン宇宙船制作記録 STARFLEET YOKOSUKA DRY DOCKS
http://www.hm-arts.com/starfleet_ydd/

 それにしても懐かしいなー。この JAMSTEC(海洋研究開発機構)は、サラリーマン時代に何度も訪れた所。わたしの勤めていた会社が同機構から仕事を受けており、わたしのいた部署がそれを担当していたため。

 しかし、まさか、JAMSTEC が海洋観測機器を動作試験するために備えている施設でエンタープライズ号が泳ぐ様を観る日が来ようとは……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月16日 (日)

「ウルトラファイト番外地」読了

 唐沢なをき著「ウルトラファイト番外地」読了。

 どうも、わたしの場合は、第1期ウルトラシリーズ、すなわち、『ウルトラQ』『ウルトラマン』『ウルトラセブン』をリアルタイムで観ていたせいか、バルタン星人とエレキングが闘っているのを観ると違和感を感じていたのが、『ウルトラファイト』に入り込めなかった理由なのかもしれない。

 喜井竜児さんあたりの年代になると、初めから、番組の枠を超えた怪獣のバトルロイヤルを雑誌記事、大伴昌二さんあたりが書かれたものだが、そういうものを読んで育ったせいか、違和感がまったくなかったらしい。

 1960年代の終わりから1970年あたりにかけては、怪獣ブームの端境期とされているが、それは怪獣で商売をしていた当時の大人たちにとっての話で、子どもたちの間の怪獣愛は、大人たちが気づかぬところで、脈々と息づいていたのだ。『ウルトラファイト』は、そんな子どもたちに怪獣を届けてくれる貴重な番組だった。

 そうなると、『ウルトラファイト』は、歴史的には、第2次怪獣ブームを興した影の、そして、真の主役という位置づけもできるようになってくるわけだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月13日 (木)

『モーレツ怪獣大決戦』

 『モーレツ怪獣大決戦』の件で取材。

 この3月21日に、映画『モーレツ怪獣大決戦』のDVDが発売される。これにちなんで、都内某所で取材を行う。

 この作品には、わたしもナレーターとして出演させていただいている。よろしくです。

モーレツ怪獣大決戦 DVD モーレツ怪獣大決戦

販売元:ローランズ・フィルム
発売日:2008/03/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月11日 (火)

ハピネットさん記事掲載

 先日取材したハピネットさんのインタビュー記事が、インターネットのニュースサイト「マイコミジャーナル」に掲載された。

 記事は、以下のとおり。

【インタビュー】

カルタとクイズがドッキング!! - ハピネットの新商品『カルタキュー都道府県編』

(1) 『カルタキュー都道府県編』とは?
http://journal.mycom.co.jp/articles/2008/03/11/KARUTAQ/index.html
(2) 『カルタキュー』応用編
http://journal.mycom.co.jp/articles/2008/03/11/KARUTAQ/001.html
(3) 『カルタキュー』の発想から開発まで
http://journal.mycom.co.jp/articles/2008/03/11/KARUTAQ/002.html
(4) 『カルタキュー』社内外の反応
http://journal.mycom.co.jp/articles/2008/03/11/KARUTAQ/003.html
(5) これからの『カルタキュー』
http://journal.mycom.co.jp/articles/2008/03/11/KARUTAQ/004.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月10日 (月)

企画プレゼン

 都内某メーカーさんに出向き、企画をプレゼンする。

 応対していただいた方のリアクションは別に悪くはなかったが、さて、どうなることやら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 7日 (金)

マルサンさん記事掲載

 先日取材したマルサンさんのインタビュー記事が、インターネットのニュースサイト「マイコミジャーナル」に掲載された。

 記事は、以下のとおり。

【インタビュー】

マルサン創業85周年記念企画 - マルサンとソフビ、その歩みをたどる

(1) マルサン創業
http://journal.mycom.co.jp/articles/2008/03/08/marusan/index.html
(2) 怪獣ソフビ誕生
http://journal.mycom.co.jp/articles/2008/03/08/marusan/001.html
(3) マルサンの成型工場を見学
http://journal.mycom.co.jp/articles/2008/03/08/marusan/002.html
(4) マルザン倒産
http://journal.mycom.co.jp/articles/2008/03/08/marusan/003.html
(5) ウルトラエース登場
http://journal.mycom.co.jp/articles/2008/03/08/marusan/004.html
(6) これからのマルサン
http://journal.mycom.co.jp/articles/2008/03/08/marusan/005.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 4日 (火)

「ウルトラファイト番外地」購入

 秋葉原の書泉ブックタワーにて唐沢なをき著「ウルトラファイト番外地」購入。

 必要があって資料本として買い求める。最初の方をちょっと読んでみたが、『ウルトラファイト』のあのゆる~い世界を見事に表現している。

 もちろん、『ウルトラファイト』のうち、『ウルトラマン』と『ウルトラセブン』の戦闘シーンの抜き焼きを用いた回の方ではなく、造成地に怪獣の着ぐるみを持って行って、どつき合いをさせている回の方の世界。

 そういえば、以前、単行本「甦れ!ウルトラ黄金時代」の原稿を書かせてもらった時、『ウルトラファイト』のことを「既存のフィルムの使い回し」と書いたら、編集段階で、「子どもたちが一番観たいシーンを抜き出したもの」と直され、意味が逆転したことがあった。『ウルトラファイト』のことをえらく評価している人がいるもんだと感心したが、唐沢なをき先生もそのお一人というわけだ。

 先日、唐沢先生にインタビューしたおりに聞いた言葉を思い出す。

「『ウルトラマン』と『ウルトラセブン』のコミカライズ作品は多くあるが、『ウルトラファイト』をコミカライズした者は、わたしが初めてだ」

 そりゃあ、そうだろうなあ(^_^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 1日 (土)

『大進撃放送BONZO!』

 『大進撃放送BONZO!』#151観る。

 わたしの出演したコーナーは、秋葉原のメイドさん hitomi さんへのインタビュー。

 以前このブログにも書いたとおり、このインタビューの収録を行ったのは、先月8日の金曜日。

 実は、その前々日の6日の水曜日に、このインタビューに関する打ち合わせをしていた。この番組の中で、hitomi さんご自身の口から語られた「萌え萌えじゃんけんを発明しました」話や「ステージで歌っていたらマイクが当たって口から流血」話は、そのときにリサーチしたネタ。高々1時間程度のインタビューにも、これだけの手間をかけている。

 ちなみに、この打ち合わせの後、別件でさらに打ち合わせをしたのだが、それが何かは、まだ公けにはできない。いつかこのブログで書ける日が来るといーがなー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »