« 『モーレツ怪獣大決戦』 | トップページ | U.S.S.エンタープライズ号 »

2008年3月16日 (日)

「ウルトラファイト番外地」読了

 唐沢なをき著「ウルトラファイト番外地」読了。

 どうも、わたしの場合は、第1期ウルトラシリーズ、すなわち、『ウルトラQ』『ウルトラマン』『ウルトラセブン』をリアルタイムで観ていたせいか、バルタン星人とエレキングが闘っているのを観ると違和感を感じていたのが、『ウルトラファイト』に入り込めなかった理由なのかもしれない。

 喜井竜児さんあたりの年代になると、初めから、番組の枠を超えた怪獣のバトルロイヤルを雑誌記事、大伴昌二さんあたりが書かれたものだが、そういうものを読んで育ったせいか、違和感がまったくなかったらしい。

 1960年代の終わりから1970年あたりにかけては、怪獣ブームの端境期とされているが、それは怪獣で商売をしていた当時の大人たちにとっての話で、子どもたちの間の怪獣愛は、大人たちが気づかぬところで、脈々と息づいていたのだ。『ウルトラファイト』は、そんな子どもたちに怪獣を届けてくれる貴重な番組だった。

 そうなると、『ウルトラファイト』は、歴史的には、第2次怪獣ブームを興した影の、そして、真の主役という位置づけもできるようになってくるわけだ。

|

« 『モーレツ怪獣大決戦』 | トップページ | U.S.S.エンタープライズ号 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/165037/11447250

この記事へのトラックバック一覧です: 「ウルトラファイト番外地」読了:

« 『モーレツ怪獣大決戦』 | トップページ | U.S.S.エンタープライズ号 »