« 平山亨先生 | トップページ | しゃぶしゃぶとカラオケ »

2008年4月 2日 (水)

「アキハバLOVE」読了

 桃井はるこ著「アキハバLOVE」読了。

 おもしろい本だった。読み始めたと思ったら、一気に最後まで読み通してしまった。

 このおもしろさのモトは、桃井さんのユニークさと同時に、インターネットが人々にどのような恩恵をもたらすのか、という問いに対する具体例な回答の例が示されていることだな。

 しかし、元をただせば、コンピュータ・ネットワークとは、仮想敵国、もちろんソ連のことだが、から攻撃を受けた場合に備え、いかに堅牢なコンピュータ・システムを構築するか、という問題に対する答えとして生まれたものだ。それが発達した結果、東洋の島国に暮らす一少女に、その後の人生を変えてしまうほどの、はかり知れない恩恵をもたらした、というわけだ。

 一方で、東大の松井教授のおっしゃるように、インターネットとは、開闢以来、分化を続けてきた宇宙の歴史の流れに逆行し、人間圏に混乱をもたらす技術でしかない、との指摘もある。

 はたしてインターネットは、人類に幸福をもたらす神の技術か、はたまた、人類を破滅に導く悪魔の技術か。

 いや、少なくとも、今のわたしにとっては、実際、調べものを簡単にさせてくれる便利な道具でしかないんだけどね(^_^;

アキハバLOVE Book アキハバLOVE

著者:桃井 はるこ
販売元:扶桑社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 平山亨先生 | トップページ | しゃぶしゃぶとカラオケ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/165037/12203988

この記事へのトラックバック一覧です: 「アキハバLOVE」読了:

« 平山亨先生 | トップページ | しゃぶしゃぶとカラオケ »