« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月29日 (月)

『HEY!HEY!HEY!』

 『HEY!HEY!HEY!』観る。

 このところ、藤岡藤巻が大橋のぞみちゃんと一緒に出演して『崖の上のポニョ』を歌う番組を追いかけている。

 今夜は『HEY!HEY!HEY!』。しかし、大橋のぞみちゃんは時刻が遅いという理由でビデオ出演にどどまり、藤岡藤巻にいたってはろくに司会のダウンタウンさんとからむいとまもなく退場。まさに「出番のないまま、退却かよ」状態。

 えらい扱いだなー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月26日 (金)

うつうつひでお日記 その後

 吾妻ひでお著「うつうつひでお日記 その後」購入。

 新宿へ行く用があったついでに、紀伊国屋書店本店に立ち寄る。「メイド喫茶で会いましょう」がその後どうなったのか確かめようと。まだ、1階レジ脇の平台の上に平積みにされていた。

 それはよいのだが、その隣に吾妻ひでお先生の「うつうつひでお日記 その後」がやはり平積みにされているのを偶然発見!即保護(^_^;

 これから読むのが楽しみ。わくわく。

うつうつひでお日記 その後 Book うつうつひでお日記 その後

著者:吾妻 ひでお
販売元:角川グループパブリッシング
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月24日 (水)

『フィギュアの王国』観る

 『フィギュアの王国』#118観る。

 今回のゲストは、地方のフィギュアメーカー、ウエストケンジさん。

 そのフィギュアというのが、まさにこだわりの結晶とでもいうべきもので、劇中には出てこない飛行形態のニセウルトラマンとか、石ノ森章太郎先生のシージェッター海斗とか、秋田県のローカルヒーロー超神ネイガーとか。

 マジンガーZのソフビも、原作版のバージョン違いにアニメ版のバージョン違いと、とにかく凝りまくっている。

 こちらのメーカーさんには、さらにお話をうかがいたいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月22日 (月)

「イブニング」購入

 雑誌「イブニング」購入。通常隔週火曜日の発売だが、明日が祝日のため、今日書店に並んだのであろう。

 理由はもちろん、唐沢なをき先生の「ヌイグルメン!」を読むため。今回は、高所ロケの話。

 そーいえば、やったよ、『侵略美少女ミリ』でも高所ロケ。

 場所は、栃木県の岩船山。特撮ドラマのロケ地として、よく使われているところだ。昔の石切り場で、岩山の山肌が階段状に切り取られた跡がある。その後年月を経たせいか、その段々の上に雑草が生い茂っている。

 その日のロケは、岩船山の一番高いところから落っこちる古タイヤを下からアオって撮影するというもの。

 ところが、落ちてくるタイヤの一つがカメラを直撃してしまったのだ。衝撃のあまりうずくまるカメラマン氏。

 幸い彼のメガネのフレームがゆがんだ程度の軽症で、カメラも壊れずにすんだが、あれにはヒヤリとさせられた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月19日 (金)

取材

 とあるフィギュアメーカーさんを取材。

 たぶん10年くらい前にお会いしたのが初めてだと思うのだが、それがどんな出会いだったのか、お互いにもう忘れている。

 現在のわたしの本業がナレーターだと言うと、信じられないといった表情。

 そうでしょうとも。わたし自身、こんな事態は、まったく予測していなかったのだから(^_^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月16日 (火)

ナレーション原稿を修正

 電子メールで送られてきたナレーション原稿に手を入れる。

 読みやすいフォントに替えたり、初めて接する地名などにワープロソフトの機能を使ってルビをふったり、一まとまりで読むブロックの区切りとページの区切りを合わせたり。こーすると、本番での読みがすごくスムーズにいく。

 手書きの原稿をFAXでやり取りしていた時代には、望むべくもなかったことだ。

 ああ、なんて便利な時代なんだ(^_^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月14日 (日)

「声優口演」

 フリーデザイナA氏、酢こんぶ氏とともに、上野恩賜公園野外ステージで開催されたイベント「声優口演 in したコメ」を観る。

 これは、「したまちコメディ映画祭 in 台東」のプレイベント。お天気が心配されたが、辛くもクリア。

 井上喜久子さん、山寺宏一さん、そして我らが羽佐間道夫代表が、無声映画の活弁士として登場。

 まずは、バスター・キートンの『探偵学入門』を井上さんと羽佐間代表がお二人で演じられる。もちろん、井上さんは登場する女性をすべて、代表が男性すべてを担当。キートンの映画は初めて観たが、なるほど、ジャッキー・チェンのルーツは、これか。

 いま一つは、チャールズ・チャップリンの『犬の生活』を山寺さんが男女、犬の役まで、すべて演じ分けてみせる。おそらく、山寺さんの芸のベースになっているのは、早口とものまねなのであろーなー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月12日 (金)

「とりから往復書簡」読了

 とり・みき・唐沢なをき著「とりから往復書簡」読了。

 読んでいて気になったのは、唐沢先生のアシスタントさんたちの話。

 唐沢先生の女性アシスタントの皆さんは、ホントーにドレスを着て、優雅に「ほほほ」と笑うのか!?

 いや、そんなハズないとは思うが(^_^;

 唐沢先生のアトリエにお邪魔するときはいつでも、もちろんあらかじめことわってからうかがうので、先生の方でお人払いをしてくださるようで、奥様以外の方をお見かけしたことがないもんなあ。

 ああ、見たい(^_^;

とりから往復書簡 (1) (リュウコミックス) (リュウコミックス) Book とりから往復書簡 (1) (リュウコミックス) (リュウコミックス)

著者:とり みき,唐沢 なをき
販売元:徳間書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月10日 (水)

紀伊国屋書店

 取材先などへの移動の途中で、新宿紀伊国屋書店本店に立ち寄る。

 1階キャッシャー脇の平台の上に「メイド喫茶で会いましょう」が平積みにされているのを発見。

 おお、唐沢俊一先生の「血で描く」や「空想科学読本6.5」の隣に並んでいるよ。売れてくれ~。

メイド喫茶で会いましょう Book メイド喫茶で会いましょう

著者:早川 清
販売元:アールズ出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 9日 (火)

打ち合わせ

 取材のための打ち合わせ。

 先方がウチの近所に来られる用事がたまたまあり、徒歩で行ける店で打ち合わせることができた。

 ああ、楽だ(^_^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 6日 (土)

アキバ経済新聞

 アキバ経済新聞に、こんな記事が……。

「メイド喫茶で会いましょう」-歴史などを解説した単行本発売
http://akiba.keizai.biz/headline/1125/

 とうとうネットの新聞で、''作家の木全直弘さん''と書かれるようになったぞ(^_^;

メイド喫茶で会いましょう Book メイド喫茶で会いましょう

著者:早川 清
販売元:アールズ出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 4日 (木)

太田貴子さん取材記事掲載

 先日、太田貴子さんに取材した記事が、インターネットのニュースサイト「マイコミジャーナル」に掲載された。

 記事は、以下のとおり。

【レポート】

『魔法の天使クリィミーマミ』優と俊夫 - 太田貴子・水島裕の名コンビ再び!!

新宿歌舞伎町に優と俊夫の名コンビが再臨した。去る8月17日LOFT/PLUSONEで催された「太田貴子 Birthday Event『魔女っ子★生誕祭!』」でのことである。この中で、太田貴子・水島裕は、どのような想いを語ったのか?! そして、もう一人の魔女っ子声優から送られたビデオレターの内容とは?!

(1) この役はオタコじゃなきゃできない!!
http://journal.mycom.co.jp/articles/2008/09/04/otako/index.html
(2) 優と俊夫の名コンビが再臨!!
http://journal.mycom.co.jp/articles/2008/09/04/otako/001.html
(3) 初主演で優とマミを演じ分ける
http://journal.mycom.co.jp/articles/2008/09/04/otako/002.html
(4) 場合によってはファンに説教!?
http://journal.mycom.co.jp/articles/2008/09/04/otako/003.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 1日 (月)

「毒ガス怪獣出現」

 午後9時30分に始まった福田首相の突然の辞任会見で政界やマスコミは騒然としたらしいが、そんなことより『帰ってきたウルトラマン』だ(^_^;

 東京MXテレビで放送された第11話「毒ガス怪獣出現」観る。

 今回のお当番は、岸田隊員。これまでのエピソードでは、しばしば郷秀樹と対立する役どころ。叔父が地球防衛庁長官というエリートでプライドが高く、融通の利かない官僚的で頭でっかちなキャラクターとして扱われてきた。

 しかし、今回はそんな岸田隊員の人間的な苦悩や弱さが描かれる。脚本は金城哲夫さん。なるほど、そこに目をつけたか。

 『スター・トレック』シリーズなどでさんざん観てきたことだが、こうやってバイプレーヤーを掘り下げることで、作品世界に深みが増すというわけだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »