« 「とりから往復書簡」読了 | トップページ | ナレーション原稿を修正 »

2008年9月14日 (日)

「声優口演」

 フリーデザイナA氏、酢こんぶ氏とともに、上野恩賜公園野外ステージで開催されたイベント「声優口演 in したコメ」を観る。

 これは、「したまちコメディ映画祭 in 台東」のプレイベント。お天気が心配されたが、辛くもクリア。

 井上喜久子さん、山寺宏一さん、そして我らが羽佐間道夫代表が、無声映画の活弁士として登場。

 まずは、バスター・キートンの『探偵学入門』を井上さんと羽佐間代表がお二人で演じられる。もちろん、井上さんは登場する女性をすべて、代表が男性すべてを担当。キートンの映画は初めて観たが、なるほど、ジャッキー・チェンのルーツは、これか。

 いま一つは、チャールズ・チャップリンの『犬の生活』を山寺さんが男女、犬の役まで、すべて演じ分けてみせる。おそらく、山寺さんの芸のベースになっているのは、早口とものまねなのであろーなー。

|

« 「とりから往復書簡」読了 | トップページ | ナレーション原稿を修正 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「声優口演」:

« 「とりから往復書簡」読了 | トップページ | ナレーション原稿を修正 »