« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月31日 (土)

献本を受ける

 唐沢なをき先生の『ヌイグルメン!』第1巻の献本を受ける。

 わたしの名前を掲載していただいた縁で、著者サイドから出版社に手配していただいていたのだそうだ。

 本自体は先日購入していたのだが、あっちは読む用にして、献本の方は、家宝として永久保存することにしよう。

 今度お会いする機会には、サインをお願いしようかな。

ヌイグルメン! 1 (1) (KCデラックス) Book ヌイグルメン! 1 (1) (KCデラックス)

著者:唐沢 なをき
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月27日 (火)

名前を掲載していただく

 今日発売の「イブニング」に掲載の「ヌイグルメン!」のハシラに名前を掲載していただいているのを見つける。ありがたや。

 また、新宿に出たついでに紀伊國屋書店新宿本店Forest2階のコミック売り場に立ち寄って買い求めた「ヌイグルメン!」単行本第1巻にも、巻末に名前を出していただいている。

 こちらは、平山亨先生や中野昭慶さん、品田冬樹さんらのお名前に混じって掲載されている。

 畏れ多い限りじゃ(^_^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月26日 (月)

企画

 去年から持ち込んでいる企画だが、今日、さらなるサンプルの提出を求められる。

 どこまで続く企画道。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月24日 (土)

寒中見舞い

 唐沢なをき・よしこご夫妻より、寒中お見舞いのお葉書をいただく。

 昨年、とある取材に協力してさしあげたのだが、そのお礼的な内容。

 葉書の裏に大きく印刷されているのは、先生の作品『ヌイグルメン!』の劇中劇に登場する怪獣・麩饅獣(ふまんじゅう)。

 今月26日に発売される単行本『ヌイグルメン!1』にて限定販売される麩饅獣ソフビだそうだ。造型は、品田冬樹さん!

 さあ、君も先生のご本を買って、麩饅獣ソフビをゲットだぜ!

ヌイグルメン! 1 (1) (KCデラックス) Book ヌイグルメン! 1 (1) (KCデラックス)

著者:唐沢 なをき
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月16日 (金)

新年会

 新年会に招かれる。

 参加者は、『フィギュアの王国』関係者十数名。場所は、銀座一丁目駅近くのおしゃれな中華のお店。

 今年も『フィギュアの王国』にとって、よい年でありますように。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年1月12日 (月)

総見

 所属事務所ムーブマンの総見を見学に行く。

 途中、晴れ着姿の若い女性と大勢すれ違う。さすがは、成人の日。

 終了後、有志で食事など。ピザがうまかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月10日 (土)

『大進撃放送BONZO!』観る

 録画しておいた『大進撃放送BONZO!』#196観る。

 今回は、田中公平先生のインタビューパート2。

 次週は、昨年から始められた歌手活動についてのお話が放送される。お楽しみに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 6日 (火)

田中公平先生取材記事掲載

 先日、作曲家の田中公平先生に取材したインタビュー記事が、インターネットのニュースサイト「マイコミジャーナル」に掲載された。

 記事は、以下のとおり。

【インタビュー】

アニメ劇伴作曲の第一人者・田中公平 - 創作の現場から

30年にわたってアニメの楽曲などを手がけてきた作曲家・田中公平。その活躍は『ドラゴンボール』から『ONE PIECE』まで多岐にわたる。作曲の手法やポリシー、そこに込められた想いなど、現場からの証言を後進へのメッセージとともに訊いた。

(1) 作曲の道具は、頭と紙と鉛筆と消しゴムだけ
http://journal.mycom.co.jp/articles/2009/01/06/tanakamusic/index.html
(2) 作曲家・田中公平の軌跡
http://journal.mycom.co.jp/articles/2009/01/06/tanakamusic/001.html
(3) 若い人はどんなつらい仕事でも絶対やるべき
http://journal.mycom.co.jp/articles/2009/01/06/tanakamusic/002.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »