« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月11日 (金)

3.11太平洋沖地震 - そして、長い一日が始まった……

 午後3時前ごろ、地震発生。

 そのとき、わたしは、何人かの人たちとともに、JR神田駅前にあるビルの5階の一室にいた。

 こんなに大きな揺れを感じたのは、番組の取材で、都内にある防災センターを訪れたとき以来だ。もちろん、それはシミュレーターによるものであって、地震の揺れの大きさを体験するためだけのもの。安全が保証されており、ケガなどするはずもなく、恐怖感はない。

 だが、今回のはガチだ。

 一緒にいた若い女性の一人は恐怖におびえ、べそをかいていた。まずは、落ち着こう。ミスター・スポックじゃないが、こういうときは、冷静さを保つことが大切だ。パニックに陥ると、ろくなことはない。揺れがひとまずおさまったところで、全員をビルの外に出す。周囲はオフィス街。高層ビルが立ち並んでおり、同じように建物から出てきたスーツ姿の人たちで、歩道上はごった返していた。

 わたしは、今後の指示を仰ぐため、関係各方面に連絡を試みた。が、携帯電話は一切つながらない。そりゃあ、そうだろうな。やむなく、独断で、全員の身の安全をはかるため、その場で解散させる。わたしの判断ミスで、死者はもちろん、ケガ人も出してはならん。

 皆と別れた後、しばらく屋外で様子をみる。思ったとおり、余震が何度かあった。結構大きかった。その合い間をぬって、コンビニでお茶を買う。水分確保は、サバイバルの基本だ。ゴルゴ13がわたしの立場でも、おそらく同様のことをしただろう。さらに、公衆電話を探し出し、どうにか関係各方面に連絡をとり、さっきの緊急避難措置の事後承諾を得る。

 頃合いを見計らって、一旦部屋に戻り、手早く後始末を済ませる。さて、この後、一体どうしたものか。電車は、すべて止まっているという。とりあえず、秋葉原まで歩こう。そして、ネットカフェに潜り込んで情報を得、鉄道が復活するのを待つとしよう……。

 だが、事態はそんな甘いものではなかった。秋葉原では、軒並み店舗が閉まっており、不安げな人々が街を右往左往していた。無線機販売店の店先からは、東北地方・関東地方北部などで深刻な被害が出ていることを伝えるラジオの放送が流れていた。

 駅でトイレを借り、案内所で御徒町駅までの道を確認する。都内の鉄道は、JR・私鉄・地下鉄ともに全滅しているという。復旧のメドも、まったく立たないとも。明るいうちに少しでも移動しておこう。天気予報によれば、今夜は冷え込むそうだ。線路と並走する道を歩きながら様子をみるが、鉄道は復旧しそうにない。

 アメ横は元気だった。「安いよ!安いよ!」の大合唱だ。地震て、どこの国の話ですか、といった勢い。

 夕方になって、実家の母親から、携帯に安否確認の電話が入る。とりあえず安全を確保していることを伝えるが、果たしてこのまま無事に自宅に帰り着けるものやら、帰り着いたとして自宅は無事なのやら、まるでわからない。そのことも、正直に話すしかない。こんなところから、歩いて帰れる距離ではないのだ。もはや、立派な帰宅困難者だ。母親は、費用については後で面倒をみるからと、タクシーを使って帰宅することを薦めてくれた。だが、どこまで歩いても、空車タクシーには、お目にかかれなかった。

 すっかり暗くなった頃、立ち寄った交番で聞いた情報をもとに、路線バスと、そして、都内で唯一生き残っていたであろう鉄道、都電・荒川線を利用して移動する。むろん、車内はいずれもギュウギュウ詰め。しかも、道が渋滞しているらしくバスはなかなか進まず、都電も余震で途中停車したりした。それでもなんとか、最寄り駅まで、あと五駅と迫った。これで、帰り着ける見込みが出てきた。だが、都電の車内では、JR東日本が本日中の復旧を断念したことを伝えていた。また一つ、確実に選択肢が減ったわけだ。

 さらに、バスで移動しようともしたが、今度は、バス停に十重二十重に人が取り巻いており、とてもじゃないが近寄ることすらできない。もう、歩くしかない。こういうとき、頼りになるのは、やはり自分の足ということか。開店しているらしい飲食店などの前も通ったが、なまじ休むと体が動かなくなる恐れもある。道路事情が悪化して、足止めをくうかもしれない。ここは、前進あるのみだ。

 いつ、「ボク、もう疲れたよ、パトラッシュ」状態になるかと懸念した。ひたすら歩き続けるだけのストイックな旅路の友は、口をついて出るアニソン・特ソンだ。こういうときには、『愛國戦隊大日本』や『SHI・NO・BI '88』が効くゼ!

 倒れている人、傾いているビルや崩れているブロック塀などは、見なかった。その一方で、不安やストレスからか、気が立っている人、もめごとを起こしかけている人たちを一度ならず見かけた。この調子だと、都内のあちこちで暴動とか起こってるんじゃなかろうか。

 最寄り駅まであと二駅というところで、フリーデザイナA氏から携帯に着信。互いの無事を確認し合う。彼は落ち着いていた。それもそのはず、なにしろ彼は、京都在住時代に阪神・淡路大震災を経験しているのだ。

 最終的には、6時間ほど歩かされただろうか。最寄り駅前までたどりついたところで、強烈な空腹に襲われる。足も痛い。30分ほど前から千鳥足になっていた。おまけに、もっと前から、背中に背負った荷物の重みで両肩も悲鳴をあげている。ここまで来れば、休んでもよかろう。中華料理店が開いていたので食事。

 結局、日付けが変る頃に、帰宅。安ぶしんのアパートゆえ、最悪、倒壊という結末も覚悟していたのだが、意外に平気だった。未整理のまま積み上げてあった書類の山が雪崩れを起こしていたくらいだ。ライフラインも生きている。帰ってきた。皆の身の安全を最優先に考えたことが、この際、わたし自身にも幸いしたといったところか。

 さっそくパソコンを採掘し、テレビのニュースを確認する。報道では、悲惨な光景ばかり映し出していた。連絡の取れぬ身内の安否を気遣っている人たちに、いらぬ不安を抱かせる結果にならなければよいのだが。

 今回の地震が「東北地方太平洋沖地震」と名づけられたことも知った。わたしは、「3.11太平洋沖地震」と呼ぶことにしよう。

 明日あたり、防災グッズが飛ぶように売れるんじゃなかろうか。品薄を見越して転売を企てる連中が出現するかもしれない。また、地震の恐怖を知った人々の弱みにつけ込む形で、「地震来る来る詐欺」みたいな犯罪が世にハビコルことになるんじゃなかろうか。など、くだらないことを考える。

 ともかくも、長い一日が、ようやく終わった。やれやれだ。

 最後になりましたが、この地震で被害に遭われたすべての方に、心からのお見舞いを申し上げます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »