« イサバのカッチャとは | トップページ | ルナベースでウルトラマンかるた取り »

2012年7月10日 (火)

かな漢字変換症候群

 ワープロソフトや携帯電話のかな漢字変換機能は、とても便利だ。日々、ありがたく使っている。もちろんこの文章だって、それで書いている。

 だが、問題点もある。「読めるけど書けない漢字」が、どんどんと増えてゆくのだ。わたしはこれを「かな漢字変換症候群」と呼ぶことにした。

 この症状を緩和すべく、この春から漢字の勉強に取り組み、先月、日本漢字能力検定3級を受けてみた。

 そして今日、同検定協会のサイトでこれに合格したことを確認した。

 だが目的は、資格を取ることではない。それはあくまで現状の確認であって、真の目的は、かな漢字変換症候群による症状を軽減することなのだ。

 試験は今年度中にあと2回行われるので、さらに上の級を目指して勉強を続けている。

 さて、わたしのかな漢字変換症候群、どこまで解消いたしますことやら(^_^;

|

« イサバのカッチャとは | トップページ | ルナベースでウルトラマンかるた取り »

コメント

それより上に行くと、書けるけど読めない「琵琶魚」みたいなのが出てくるぜぇ。
誤変換に気を付けて、おきばりやす。

投稿: フリーデザイナA | 2012年7月10日 (火) 21時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/165037/46269736

この記事へのトラックバック一覧です: かな漢字変換症候群:

« イサバのカッチャとは | トップページ | ルナベースでウルトラマンかるた取り »