« 『宇宙戦艦ヤマト2199』第二章 | トップページ | イサバのカッチャとは »

2012年7月 6日 (金)

お茶汲みから重役に出世するには

 お江戸演芸スクール神田陽子先生の「陽子の一口講談」受講。

 今回、自己紹介の時間では、明日催される第8回東京楽笑寄席と今月29日(日曜日)にワンダーフェスティバル 2012[夏] で再販するウルトラマンFan専用かるたの宣伝をそれぞれチラシを配布して行う。

 そして、講談の実演の時間では、豊臣秀吉と初めて出会った少年時代の石田三成(後の豊臣家五奉行筆頭格)が三杯のお茶を献じて出世の糸口としたという、『三献茶』のエピソードを講談にしたものを演じる。元ネタは、こんへんで。

 終了後はもちろん、陽子先生を囲んでの有志の飲み会に参加。

 参加者のお一人、教会の牧師の先生が、なぜか、ウルトラマンかるたにご興味を示していただいたので、次回差し上げることにする(^_^;

 今回うれしかったのは、受講生のお一人が前々回わたしが作って演じた少年時代の松下幸之助さんを題材にした講談『タバコのまとめ買い』を演じてくださったこと。この方は、なんとパナソニックの元社員で、後日このネタを同社のOB会で披露されるとのこと。

 こんな展開になるとは、予想もしてなかったもんなあ。

|

« 『宇宙戦艦ヤマト2199』第二章 | トップページ | イサバのカッチャとは »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/165037/46236708

この記事へのトラックバック一覧です: お茶汲みから重役に出世するには:

« 『宇宙戦艦ヤマト2199』第二章 | トップページ | イサバのカッチャとは »