« 「ウルトラマン・アート!」 | トップページ | 巨大フジアキコ隊員ごっこ »

2012年8月31日 (金)

アマギ隊員に会いに行く

 池袋サンシャインシティ文化会館4F展示ホールBにて開催中のウルトラマンフェスティバル2012のイベント企画、古谷敏さんサイン会・プレミアギャラリートークに参加する。

 サイン会では、古谷敏さんの口からアマギ隊員やウルトラマンを演じた当時の思い出とともに、子どもたちにはいじめをしないよう、その親御さんたちには子どもにいじめをさせないようにとの熱いメッセージが語られた。

 そうなんだ。この言葉は、地球を守るヒーローを演じてこられた古谷さんの口から発せられることにこそ意義があるんだ。

 いったん会場を出て、向かいにあるおとなりのかいじゅうカフェで一休み。ここは、おなじみのウルトラ怪獣たちが今流行りのゆるキャラみたく紹介されているテーマスペースにもなっている。

 さていよいよ、お目当てのプレミアギャラリートークへ。

 案内されてライブステージに入ると、さっそく会場内を古谷さんがスーツアクターとして初めて演じられたケムール人が走り回っている(^_^;

 そして、ウルトラ警備隊の制服に身を包んだ司会のおねえさんの紹介で古谷敏さん登壇。古谷さんのお話によれば、あの有名なケムール人が走るシーンは、最初ローラースケートを履いて走ることになっていたそうだ。古谷さんもローラースケートはできる。

 ところが。いざ重さ8kgのぬいぐるみを着てローラースケートを履いてみると、重くて足を前に出すことさえできない。それを飯島敏宏監督に告げると、「それじゃあ、なしでいい」と。そこで古谷さんが工夫され、あの独特の”ケムール走り”になったのだそうだ。

 古谷さんセレクトの『ウルトラセブン』上映コーナーで選ばれたのは、隊長のはからいでアマギ隊員が爆弾恐怖症を克服する第28話「700キロを突っ走れ!」。このエピソードには隊長がアマギ隊員を引っ叩くシーンがあるが、古谷さんによれば、本当に殴られた痛みを知った上で演技をするため、本番では古谷さんの方から中山昭二さんに頼んで本当に当ててもらったのだそうだ。

 お次は、古谷さんの解説による展示紹介ギャラリートーク。司会のおねえさんがお客さんにマイクを渡して古谷さんへの質問を求めたりするのだが、最初にマイクを向けられ、さっきの「700キロを突っ走れ!」の感想を出し抜けに聞かれたわたしは、とっさに「モロボシダン隊員、振り向きざまに、いきなりバイク撃ってましたよ」と口走ってしまう(^_^;

 すると古谷さんからは、「いいんです。あれは、ダン隊員の超能力で敵の正体を見抜いた結果なんです」とのお答え。すかさず、「納得しました!」と応ずるわたし(^_^;

 途中、『セブン』最終話でアマギ隊員を捕虜にしたゴース星人が乱入してくる一幕も。それを返り討ちにする古谷さん。をを、44年越しのリベンジだ。

 また古谷さんから、つい先日憧れの宝田明さんと一緒にシカゴで仕事をされたことを例に、夢を見続けていれば予想もしなかった新しい夢に出会える旨のお話しがあった。夢については、わたしもまったく同意見。失礼な申し上げようながら、69歳にしてこんなふうに夢について語ることのできる古谷さんは素敵な方だ。

 ギャラリートーク後は、参加者一人一人と古谷さん・ウルトラセブンとの記念撮影会。わたしは、かねて用意の科特隊ユニフォームTシャツでカメラに収まる。古谷さんからは、「そのTシャツ、いいね」と言っていただく。

 続いてふれあいステージに移動し、全員で記念撮影。最後に古谷さんの締めのトーク。

 わたしはここで、ウルトラマンFan専用かるたと科特隊ユニフォームTシャツを古谷さんにプレゼント。ウルトラマンご本人に差し上げないで誰にあげるんですかという話ですよね。

写真は、上述の記念写真。また家宝が(^_^;
Photo_2 

|

« 「ウルトラマン・アート!」 | トップページ | 巨大フジアキコ隊員ごっこ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/165037/46928382

この記事へのトラックバック一覧です: アマギ隊員に会いに行く:

« 「ウルトラマン・アート!」 | トップページ | 巨大フジアキコ隊員ごっこ »