« 『イッキ読み!神田陽子の講談日本史』 | トップページ | 漢字検定と腕時計 »

2012年10月20日 (土)

『宇宙戦艦ヤマト2199』第三章

 酢こんぶ氏とともに同氏ご指定のMOVIXさいたまにて、『宇宙戦艦ヤマト2199』第三章観賞。

 この章には、わたしの好きな波動砲で恒星のコロナを撃つ話が出てきてうれしい。

 ガミラスのアンドロイドが登場するパートでは、意識とは何か、存在とは何かを問うSF的な展開にビックリ。

 そして、ヤマトの艦橋要員はもちろん、その脇役たちのキャラも立ち始めているように感じた。

 敵側では、シュルツ司令って、あんなかわいい娘がいたんだ、とか。

 さらに、ゲール君の小悪党ぶりがとてもよい。この先ドメル司令が赴任してきて、いっぱい怒られたりするんだろーなー(^_^;

画像は、入場者プレゼントの「エンブレム型スペシャルメタリックステッカー」第三章版。
Photo

|

« 『イッキ読み!神田陽子の講談日本史』 | トップページ | 漢字検定と腕時計 »

コメント

お誕生日、おめでとうございます!

投稿: 木全FC会長 | 2012年10月21日 (日) 20時23分

木全FC会長さま

 コメントありがとうございます!

 あ、あと、先日の件、よろしくです。

 なにせ、あのときと状況変わってないもんで(^_^;

投稿: 木全 直弘 | 2012年10月21日 (日) 21時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/165037/47526992

この記事へのトラックバック一覧です: 『宇宙戦艦ヤマト2199』第三章:

« 『イッキ読み!神田陽子の講談日本史』 | トップページ | 漢字検定と腕時計 »