« 【ひとりオタクしりとり】No.17 | トップページ | 【ひとりオタクしりとり】No.18 »

2013年10月27日 (日)

平山亨先生をしのぶ会に参列

 学士会館二一〇号室で催された平山亨先生をしのぶ会に参列する。

 昨日までは珍しく二つの台風が同時に日本に接近して雨が降るなどしたが、今日は一転、雲一つない澄みきった青空。まるで、先生の清廉なお人柄を映しているかのようだ。

 会場に到着しクロークに荷物を預けて受け付けで記帳し、持参した雑誌などをお渡しする。10年ほど前の品で、平山先生のインタビュー記事が掲載されているものだ。番組の制作をご一緒させていただいたご縁で、わたしもご相伴あずかりインタビューを受けている。

 お花を一輪渡され、それを待って献花台へ。その間に、ライターの堤哲哉さん、声優などをされている塩野勝美さんにご挨拶。さらに面識のある方だけでも、作曲家の渡辺宙明先生、俳優の佐々木剛さん、高野ひろゆきさんらのお姿をお見かけする。広い会場内に次第に人が増えてきた。

 参列者による献花の後、登壇した読売新聞文化部記者の鈴木美潮さんの進行で、まずは平山プロデュース作品を紹介するビデオ映像の上映。『悪魔くん』に始まり、もちろん『仮面ライダー』や『秘密戦隊ゴレンジャー』を含めたオープニングや見せ場の数々のダイジェスト映像だ。番組タイトルなどが映し出されると、拍手や歓声が沸き上がる。中でも一番盛り上がったのが、そびえ立つ給水塔のてっぺんに、突如高笑いとともにV3が姿を現すシーン。これなんだよなあ、僕らが子どもの頃胸を躍らせたのは。

 続いて、ゲストによる弔辞。

 最初は、東映株式会社の鈴木武幸専務取締役。ロボコンを担当された頃の思い出話を披露された。あるとき、必ずしもよい出来でないエピソードの試写が行われた。関係者は皆、黙ったまま。すると平山先生お一人だけが、称賛の声を上げられたそうな。その際、監督は孤独なんだからその労に報いるために誰かが褒めてあげきゃいけないんだよ、と教えられたという。

 お二人目は、渡辺宙明先生。平山先生とともに多くの作品を手がけてこられた。曲ができ上がると関係者一堂を相手にデモを行うのだが、自信なさげにしているときなど、平山先生に力づけられという。

 弔辞の三人目は、脚本家の辻真先先生。平山先生のプロデュース作品の一つ『柔道一直線』放送の時期、辻先生は真裏の『アタックNo.1』の脚本を執筆しておられた。『アタックNo.1』は集英社の少女誌『マーガレット』の看板作品だったのだが、同誌のある号の表紙を飾ったのは『柔道一直線』の主演のお二人、桜木健一さんと吉沢京子さん。『アタックNo.1』の制作会社・東京ムービー(当時)の関係者が怒って集英社に抗議に行くと、編集者も負けじと、「編集権の侵害だ!」。これには、参列者一堂大笑い。そうとも、これはなんと言っても、あの平山亨先生をしのぶ会なんだ。湿っぽい話ばかりじゃ似合わない。

 その後、弔辞を述べられたのは、藤岡弘、さん。むろん今や立派な大物俳優さんなのだが、業界の長老・重鎮がすし詰め状態の会場にあっては、まるで若手俳優であるかのような印象を受けるから不思議だ。その藤岡さんが本当に若手だった『仮面ライダー』出演当時、自ら起こした事故のため入院していたベッドの傍らで平山先生が励ましてくださったことを今でも鮮明に覚えておられるとのこと。将来の保証のない役者にとって温かい言葉がどれだけ救いになるか、今の自分には身にしみて分かる。

 弔辞の締めは、宮内洋さん。先日パチンコ店の前を通りかかった宮内さん、V3と風見志郎のポスターを見かけると、すかさず携帯電話を取り出し写真に収められたとか。そして最後に、先生の遺影の前でそのV3の変身ポーズを実演。このポーズに込められた気迫がひしひしと伝わってくる。

 どのお話からも、先生とともに過ごされた時間を宝物のように大切にされているお気持ちが痛いほど伝わってくる。本当にいい会だった。

 会場を後にし、場内で一緒になったUMA研究家の天野ミチヒロさん、漫画家の海老原優先生と学士会館向かいのファミレスで食事。先生のご冥福をお祈りする乾杯に始まり、話は今日の会について、続いていきおい特撮談義に……。久々に濃いおたく話を堪能した(^_^;

 そういえば、どなたかの弔辞の中に、今ごろ先生は天国で先に逝かれた石ノ森章太郎先生らと企画会議をなさっているのでは、とのお話があった。であるなら、きっとスタッフ・キャストには、天国が誇る豪華メンバーが顔を揃えることだろう。その結果でき上がるのは、かつて誰も目にしたことのないような痛快娯楽作品。いいなあ、観てみたいなあ、天国版平山プロデュース作品。先生、いずれ拝見しにまいります。そのときまで、存分に作品創りをお楽しみください。いえ、その前に、まずはごゆっくりと休養をお取りくださいますよう。

会場で参列者に配られた先生のサイン入りお写真。この笑顔こそが先生のトレードマークだ。場内は撮影・録音ご遠慮くださいだったが、これは掲載して構わんのだろうなあ。
Photo

|

« 【ひとりオタクしりとり】No.17 | トップページ | 【ひとりオタクしりとり】No.18 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/165037/53752745

この記事へのトラックバック一覧です: 平山亨先生をしのぶ会に参列:

« 【ひとりオタクしりとり】No.17 | トップページ | 【ひとりオタクしりとり】No.18 »