« 【ひとりオタクしりとり】No.58 | トップページ | ごあいさつ »

2014年3月30日 (日)

『電エースタロウ』二次面接を受ける

 『電エースタロウ』出演者オーディション二次面接を受ける。

 お昼ごろ自宅を出て、面接会場が設置された東銀座のビルへ。雨が降っている上に、えらい風。一階に着くと若い男性が応対に出てきて、押しているので少し待つように告げられる。

 同じように待っていたのは、とても可愛らしい女性。思わず、
「モデルさんですか?」
「いえ、アイドル芸人をやっていたんです」

 近ごろテレビをあんまり観ていないので、どのくらい有名な人なのか全然分からないけど。オーディション雑誌を観て応募してきたのだそうだ。

 若い男性の方も今日の応募者。その上、面接の手伝いもしているとか。こちらは、舞台のお芝居などをしているそうだ。二人とも河崎実監督のことは、よく知らないらしい。後で、こんなハズじゃなかったとか思わなきゃいいが……(^_^;

 皆でエレベータに乗りながら、
「三人で一緒に出られるといいですねー」
などと調子のいいことを口走る。

 面接は10分ほど。河崎監督を含めた三人を相手に簡単な自己紹介。その後、
「電エースは気持ちよくなると変身するヒーローですが、アナタならどんなことで気持ちよくなりますか?」
と聞かれたので、その場の思いつきで答える。

 でも今考えると河崎監督が相手なんだから、
「なんでも許されるのなら、天国におわします円谷英二監督と金城哲夫さんと小林昭二さんにインタビューしたいですネ!」
とか、思いっきりテキトーなことを言っておけばよかったのかも(^_^;

|

« 【ひとりオタクしりとり】No.58 | トップページ | ごあいさつ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/165037/55631628

この記事へのトラックバック一覧です: 『電エースタロウ』二次面接を受ける:

« 【ひとりオタクしりとり】No.58 | トップページ | ごあいさつ »