« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2014年4月27日 (日)

【ひとりオタクしりとり】No.66

【う】 浦飯幽助

 霊界探偵。

 シリーズ開始当初は喧嘩っ早い不良の兄ちゃんのド突き合いレベルだったのが、『週刊少年ジャンプ』連載作品だけに、例によって敵味方双方の戦闘能力は右肩上がりのインフレーションを起こす。

というわけで、お次は「け」。



最初に戻る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月23日 (水)

【ひとりオタクしりとり】No.65

【だ】 大リーグボール2号

 消える魔球。巨人軍投手・星飛雄馬の手から放たれる。

 消えようとするボールと消そうとする砂が相互に作用することにより、ボールが一時的にバッターの目には消えたように見えるという恐るべき魔球。

 エポック社の野球盤では定番の仕掛け。

というわけで、お次は「う」。



最初に戻る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月20日 (日)

『電エースタロウ』最終審査を受ける

 『電エースタロウ』最終審査を受けるため、都内の会場に向かう。今日は、季節が一か月ほど逆戻りしたかのような肌寒さだ。

 今日審査を受けるのは、男女あわせて十名余り。一人あたり三分間の自己紹介の時間があると事前に連絡を受けていたので、用意のDVDを使ってナレーションを披露する。ほかの人たちは、殺陣やヨガなど。バリエーションに富んでいる。

 全員終了の後、見本の台本が配られる。三本の映像作品のうちのそれぞれ一シーンを演じるようにと。まずは本読み、すなわち、台本を手にもったままの立ち稽古。そこに河崎実監督が役者さんの動きをつけ、次第にでき上がりの芝居になってゆく。

 お昼十二時、午前の部終了。午後は台本なしでセリフをしゃべらなくてはならない。こりゃあ大変だ。わたしは物覚えが悪いのだ。午前とは会場が異なるので、移動と食事の時間込みで一時間半後の再開。しかし、ゆっくりと食事をする気にはなれない。歩いて移動しながら、台本を覚えたところまでぶつぶつと繰り返す。途中のコンビニで、おにぎりと暖かいお茶だけ買って午後の会場へ。隣りの公園で、ひたすらセリフを覚える。雨降りでなくて助かった。

 午後は予定どおり暗記したセリフをしゃべりながらの演技。とても完全には覚えられなかったので、部分的にゴマカス(^_^;

 その後は、エチュード。すなわち、簡単な設定だけを決め、あとはアドリブで各自が芝居を作ってゆくのだ。最後に、締めのアピールタイムで終了。

 さて、大きくやり損なってはいないはずだが、果たして役はもらえるのか(^_^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月19日 (土)

【ひとりオタクしりとり】No.64

【き】 切り札

「ナポレオンの切り札は?」と聞かれ、

「◆の15(ダイヤのじゅうご)」

と答えないと、ユニコーン機関では仲間とみなされず、電話ボックスから地下基地への階段を降りられない。

というわけで、お次は「だ」。



最初に戻る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月16日 (水)

【ひとりオタクしりとり】No.63

【て】 テントウキ

 タイムボカン一号・タイムメカブトンの艦載機の一つ。

 その名のとおり、てんとう虫をそのまま大きくしたような外見。陸・海・空のいずれでも活躍できる単座式万能戦闘機である。

 てんとう虫の星にあたる部分から、さまざまな道具、ドリル・丸ノコ・捕虫網などが出るわ出るわ、一体どれだけの装備をもっているのやら。

というわけで、お次は「き」。



最初に戻る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月13日 (日)

【ひとりオタクしりとり】No.62

【と】 トリエステ

 バチスカーフの一つ。

 1960年1月23日、マリアナ海溝のチャレンジャー海淵の海底に到達。世界で最も深い海底に潜った最初の潜水艇となった。この記録は、現在も破られていない。

 なお、「バチスカーフ」とは、ガソリンを浮力材として用いた初期の潜水艇一般を指す。

というわけで、お次は「て」。



最初に戻る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月10日 (木)

【ひとりオタクしりとり】No.61

【と】 トリロバイト

 古生物・三葉虫。示準化石として知られる。

 60年前に公開された映画『ゴジラ』では、ゴジラ出現の前ぶれとして登場。

というわけで、お次も「と」。



最初に戻る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月 7日 (月)

映画『地球防衛未亡人』鑑賞

 渋谷UPLINKにて壇蜜さん主演映画『地球防衛未亡人』鑑賞。

 上映開始時刻少し前に劇場に到着。すると、トークショーに出演予定の河崎実監督にバッタリお会いしてしまう。短いながらご挨拶ができてよかった。

 映画の内容は、例によって河崎実監督テイスト爆発なネタのオンパレード。もうお腹いっぱいだ(^_^;

 堀内正美さん演じるところのイワムラ博士がとてもステキだ。ああいう芝居がしてみたいものだなあ。

 上映終了後にトークショー。ゲストは、監督と岩井ジョニ男(イワイガワ)さん。岩井さんはタモリさんの付き人だった方だそうな。映画の中では総理大臣秘書というほかの役に比べると比較的目立ちにくい役どころだったのだが、トークを聴いて、とても魅力的な方だということがよくわかった。秋ごろ公開予定の関根勤さんが監督される映画でメインキャストの一人を務められるとのこと。どんなお芝居をされるのか、とても興味をもった。

 監督からは、本編七日、特撮二日で撮影したことが明かされる。自らおっしゃるとおりの“早撮り”だ。

 さて、『電エースタロウ』の現場はどんなことになるだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月 6日 (日)

【ひとりオタクしりとり】No.60

【お】 お化けのポスト

 ゲゲゲの鬼太郎に助けを求めるための通信手段の一つ。

 それはよいとして、一体どこに設置してあるんだろう……。

というわけで、お次は「と」。



最初に戻る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月 3日 (木)

【ひとりオタクしりとり】No.59

【あ】 吾妻ひでお

 ご存知、80年代ロリコンまんがブームの旗手。

 その後たびたび失踪し、自殺未遂、ホームレス生活、アルコール中毒による入院などを経験するが、自身の体験をギャグに昇華した『失踪日記』を発表、マンガ界の各賞を獲得し、見事なカムバックを遂げる。

 ホント、生命力の強いお方。

というわけで、お次は「お」。



最初に戻る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月 1日 (火)

『電エースタロウ』二次審査を通過する

 『電エースタロウ』出演者オーディション二次審査を通過した旨、メールを受け取る。

 次はいよいよ最終審査、実技による稽古形式のワークショップを受けることになる。実施日は今月中の日曜日。

 実技って。なにすんだろーなー(^_^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »