« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月29日 (木)

【ひとりオタクしりとり】No.75

【す】 スピード・レーサー

 日本のテレビアニメ『マッハGoGoGo』のアメリカ版のタイトル。また、それをベースに製作されたハリウッド映画のタイトル。

 後者は21世紀に入ってから製作された作品であるが、登場人物の設定やマッハ号のフォルム、その特殊装置にいたるまで、『マッハGoGoGo』のオリジナルの設定の多くを踏襲している。

 恐るべきは、日本人の発想力。

というわけで、お次は「あ」。



最初に戻る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月25日 (日)

『セーラーファイト』に出演決定

 中京テレビのディレクター喜井竜児さんから『セーラーファイト』の台本が送られてくる。

 同作は、1993年に最初のシリーズが放送された。今回は、およそ二十年ぶりにネットで公開されるシリーズ作品になるそうだ。

 最初のシリーズには学生時代の地元の知り合いが出演していたりして、わたしも懐かしく観たものだ。

 昨年、同シリーズの復活を知り、喜井さんに出演の希望を伝えておいた。あれから、ゆうに3シーズンが過ぎた。時間がかかったものだなあ(^_^;

 今回の設定上の特徴は、なんといってもセーラーファイト・パートナーシステム。

 それがどういうものかは本編を観ていただくとして、送られてきた台本を見ると、わたしのセリフがいっぱいある。

 イカン!これから大急ぎでセリフを入れなくちゃ(^_^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【ひとりオタクしりとり】No.74

【ち】 超時空要塞マクロス

 『マクロス』シリーズ第一作のタイトル。

 最終戦術は、ミンメイ・アタック。

 すなわち、文化をもたないゼントラーディ軍将兵にリン・ミンメイの歌声を聞かせてカルチャーショックを意図的に誘発、ひるんだ隙に攻撃を加える戦術。

 なんか、人のいいゼントラーディ人相手に、ちょっと卑怯なやり方のような気もするが……。

というわけで、お次は「す」。



最初に戻る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月22日 (木)

【ひとりオタクしりとり】No.73

【く】 空中元素固定装置

 如月博士によって発明される。

 やはり博士の発明になるアンドロイド・如月ハニーの体内に内蔵。

 しかして「その実体は、愛の戦士・キューティーハニーさ!」

 「なんとかハニー」という別キャラに変身するたびに、いちいち裸になる。

というわけで、お次は「ち」。



最初に戻る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月18日 (日)

【ひとりオタクしりとり】No.72

【ふ】 フクロウ男爵

 『世界忍者戦ジライヤ』に登場。

 イギリス忍者だけあって、英語混じりの日本語で話す。

「アイアム偽物などノーサンキュー」

てなわけで、ネクストのアンサーは「く」でプリーズ。



最初に戻る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月15日 (木)

【ひとりオタクしりとり】No.71

【ぐ】 グスタフ

 カリオストロ公国衛視長。体格、体力において優れる。

 が、単細胞でお人よし。銭形警部に変装したルパンの口車にまんまと乗せられる。

――大男総身に知恵が回りかね

を絵に描いたような人物。いや、絵だが。

というわけで、お次は「ふ」。



最初に戻る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月12日 (月)

【ひとりオタクしりとり】No.70

【う】 ウーピー・ゴールドバーグ

 ハリウッド女優。

 『スタートレック』シリーズで黒人女性士官ウフーラを演じたニシェル・ニコルズに憧れ女優となる。

 さらに、かねてよりの希望がかなえられ、『新スタートレック』シリーズにエンタープライズD型艦のラウンジ・10フォワードのマダム・ガイナン役でセミレギュラー出演を果たす。

 何でも言っとくもんだなー。

というわけで、お次は「ぐ」。



最初に戻る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月10日 (土)

『電エースタロウ』に出演決定

 現在公開中の壇蜜さん主演映画『地球防衛未亡人』などで知られる河崎実監督の次回作『電エースタロウ』にメインキャストの一人として出演が決定した旨、スタッフの方から連絡を受ける。

 二月末の締め切り間際に応募し、一次審査→合格二次面接合格三次オーディションときて、やっとここまでたどり着いた。やれやれ、手間暇のかかる話だ。

 思えば、わたしのタレントとしてのキャリアの始まりは、CSのフジテレビ721で放送されたオタク情報番組『地球防衛放送パンドラ』にセミレギュラー出演したこと。そのスーパーバイザーでいらしたのが河崎実監督だった。

 以来15年以上の時を越え、今回初めて監督と役者という立場で現場でお会いすることになる。

 面接やオーディションで出会った人たちとは再会できるかなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月 8日 (木)

【ひとりオタクしりとり】No.69

【い】 医者の不養生

 人に健康の大切さを説く医師が、自らの健康状態には、うといこと。

 大阪大学で医学博士号を取得した手塚治虫氏が60歳の若さでこの世を去ったとき、こう叫んだ者たちがいた。

「手塚センセー、なんで死んじゃったんだよー。医者の不養生とは、よく言ったもんだ」

というわけで、お次は「う」。



最初に戻る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月 4日 (日)

【ひとりオタクしりとり】No.68

【ら】 ラルフ・ヒンクリー

 高校教師。『アメリカン・ヒーロー』の主人公。

 UFOから授かった赤いスーパースーツを着て、正義を守るために活躍。

 するつもりだったが、取扱説明書を失くしてしまったばっかりに、恋人のパム、FBI捜査官のビルともに毎回ドタバタを演じるハメに……。

 ちなみに、ビル・マックスウェルを演じたのは、『刑事コロンボ』シリーズで度々犯人役を務めたロバート・カルプ。

というわけで、お次は「い」。



最初に戻る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月 1日 (木)

【ひとりオタクしりとり】No.67

【け】 ケトラ

 UFO仮面ヤキソバンの敵。

 演ずるは、デーブ・スペクター氏。

 彼の話す日本語があまりに流暢なため、実は埼玉出身なのでは、との俗説もある。

というわけで、お次は「ら」。



最初に戻る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »