« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年10月19日 (日)

『セーラーファイト2014』ナレーション収録

 『セーラーファイト2014』第2話、第3話のナレーションを収録すべく、中京テレビさんに向かう。

 昨日から名古屋に来ている。ホテルをチェックアウトし、名古屋駅地下街エスカの寿がきやで食事。

コレコレ。学生時代から親しんだ味、寿がきやラーメン。名古屋に来たら、コレを食べなくちゃ。
01_
移動の途中で見かけた瀬戸信用金庫のポスター。イメージガールは有村架純さん。
02_
中京テレビの電波塔を見上げる。今日は抜けるような青空に恵まれた。
03_
本館2階第一会議室。この後、出演者どうしの記念撮影大会が……。
04_
香坂さんと。アルバイトとして地球防衛軍に入隊した彼女はトントン拍子に出世。正隊員を経て、今やマミズ参謀を飛び越しパリ本部付参謀長に。
05_
イナガキ隊長と。隊長のセリフは別の方がお演りになるので、今日は見学。普段はいわゆる一般のお勤めの方。奥さまに、「ちょっとセーラーファイトに行ってくる」と言って家を出られたそうだ。そんな会話をなさっているご夫婦も珍しいだろう。
06_
相変わらずかわいらしい桂田智子さん。セーラーファイター五号機と同八号機を巧みに演じ分けられた。
07_
アフレコ台本を手にパソコンで本編映像をチェックする声の出演のお二人。フジイ博士役の水野印南さん(左)とイナガキ隊長役の鈴村一也さん(右)。
08_
 ほかにもお会いしたい出演者が何人もいらっしゃるのだが、スケジュールの都合などで叶わず。次回はぜひ。

マホ参謀長のインサートカットを撮影する喜井竜児監督。壁に貼られた青い布はブルーバック合成のためのもの。
09_
局内の廊下を歩いているとプレートが。近ごろ見かけないよね、こういうプレート。
10_
前回のMA室はほかの番組が使っているとかで、今回は狭いスタジオ。
11_
録音ブースも一人用。収録は一人ずつ行われた。
12_
 今回、あらかじめ収録用台本と編集済み映像を送ってもらえることになっていたのだが、諸般の事情でほとんど初見での録音となった。とはいえ、映像を収録したパソコンを現場で借りられたので繰り返し観る。そのおかげで、ナレーション録りは二本とも一発OK。あえてアクセント辞典の記述を無視して、60年代特撮作品テイスト爆発な感じで演ってみた。ぜひ、その耳でお確かめいただきますよう!

 第2話は明日公開の予定。今日収録なのに、なんてご無体な(^_^;

 皆さん、お疲れさまでした。また、お会いしましょう!

 あ、しまった。真水さんのお写真撮るの忘れてたorz

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月18日 (土)

『セーラーファイト2014』アフレコ前夜マミズ参謀と飲む

 明日、『セーラーファイト2014』の二回目のアフレコが行われる。

 それに伴い、前泊すべく名古屋に向かう。

 アフレコはお昼開始なので当日移動でも間に合うのだが、今回は前泊して夜一緒に飲みましょうとマミズ参謀にお誘いを受けたのだ。わーい(^o^)/

 新幹線で名古屋入りしホテルにチェックインした後、市営地下鉄桜通線国際センター駅にて落ち合う。

真水さんがネットのエッセーで度々お書きになっているご推奨のお店・炭火焼鳥の琴三(ことぞう)さん。店名は、ご主人のお爺さまのお名前なのだそうだ。
04
真水さんオススメのメニューの数々。イチオシは名古屋コーチンの肝刺し。牛肉でいうレバ刺しだろうか。おいし過ぎて、おかわりしてしまった(^_^;
05
 飲み食いしながら、いろんな話をする。静岡県浜松市で催されたSF大会”はまなこん”にマミズ参謀として呼ばれ、『コスプレ戦士 キューティー・ナイト』の主演女優として登壇した矢部美穂さんと共演したりしたこともあったのだそうだ。はまなこん行ったけど、それは見なかったなー。残念。

いい具合にでき上がったオヤジ二人。
06
 さて、明日はいよいよアフレコだ。わたしはナレーターとして参加させていただく。ナレーション、どんな感じで演りますかねー。

おまけ。この前日、とある用件で訪れた東京ビッグサイトで撮った写真。自衛隊の偵察車だそうだ。

01_2
前から。
02
後ろは、こんな感じ。一緒に映っている自衛隊員さんは、もちろんホンモノ。いくらビッグサイトだからといっても、コスプレなわけでは……(^_^;
03

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月13日 (月)

『電エースタロウ』関係者試写会・4D上映イベントに参加する

 西川口のアイスリボンさんで催された『電エースタロウ』関係者試写会、ならびに、完成披露4D上映イベントに参加する。

 お天気は台風が接近しているとかで、あいにくの空模様。九州に上陸したとかしないとか。そーいえば、ロケの帰りも雨が激しくて現場で足止めされたなあ。

 それはともかく、まずは試写会。

アイスリボンさんに到着すると、ポスターがお出迎え。ご近所さまは割引価格2,000円で観られるのだそうだ。
01
トイレを借りると、観戦に来たとき同様手書きのポスターが。
02_2
リングの手前にパイプイス。普段は試合を観戦に来たお客さんが座るところだ。
03
客席を横から見たところ。右側に見えるのが機材ブース。
04
 さて、午前11時開幕。

 作品のフォーマットは、なぜか連続ドラマ形式になっていた。

 内容は……。ぜひ、その目でお確かめくださいませ。いつものC調な河崎実監督作品かと思いきや、ちょっと感動してしまった。あと、神野陽子さんの水着姿とかもあるよ(^_^;

共演した女優さんたち。左から青木佑美子さん、神野陽子さん、後藤ひろみさん。
05
こっちは、青木さんに撮っていただいた写真。
06
 午後2時からは、4D上映イベントに参加。

 4Dとは、「ホントに出る」の意。作中に描かれているプロレスシーンそのままに、ご出演の藤本つかさ、世羅りさ両選手がホントーにリング上で対戦する趣向。お二人は、アイスリボンの二枚看板。わたしは詳しくないが、ファンにとっては馬場対猪木みたく思えるのじゃないかしらん。

イベントでご一緒した女優の藤岡範子さん。
07
 終了後はDVDの販売など。

DVDのジャケットにも使われている監督を囲んでのキャストの集合写真。わたしがスーツにネクタイ姿なのは、リングサイドで実況するアナウンサー役だから。皆さん、お疲れさまでした。機会があったら、またお会いしましょう。DVD売れるといいね。

08
今日発売になったことで、ロケのときに撮った以下の写真がやっとオープンにできる。登場するレスラーの一人の部品。ギンガイザーみたいな顔したキャラの役名は、ロボットレスラー。まんまやがな(^_^;
Photo
後列左から主演の金本英信君、藤本つかささん、世羅りささん、そして前列が河崎実監督と特別出演の斎藤浩子さん(!)。子役の頃のかわいらしい面影を残す素敵な方でした。
Photo_4
 河崎実監督作品には昭和の特撮ドラマなどでご活躍された俳優さんをお招きする「特撮スター枠」とでも呼ぶべき枠があるのがお約束なのだが、今回その枠でご出演されたのが斎藤さん。台本をいただいたときからお会いできる日を指折り数えて待っていた。

写真は、斎藤さんとツーショットの夢が叶ってご満悦のわたし(^_^;Photo_2
 ちなみに、
「『猿の軍団』の撮影で中学の修学旅行に行かれなかったそうですが、ショックでしたか」
とお聞きしてみると、
「やはり当時は残念に思いましたね」
とのお答え。一生に一度のことですもんね。

斎藤さんの対談が掲載されたムック本にサインをいただいた。左下の手書きのがそれ。子どもの頃お書きになっていたバージョンだそうだ。
Photo_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »