« 2015年1月 | トップページ | 2015年4月 »

2015年2月28日 (土)

静香とカッシィとセーラーファイターにインタビューする

 いよいよ今日、『セーラーファイト』新シリーズはロケ最終日を迎える。わたしはロケ見学に始まり、インタビュー取材、ナレーション収録、そして締めの打ち上げに参加すべく中京テレビさんに向かう。今回はインタビュー時の写真を撮影してくださる『特撮ゼロ』編集のO澤さん(伏せ字になっとらん)とご一緒する。

O澤さんを中京テレビさんまで、ご案内。わたしは出演しないが、外ロケがあるのでお天気を心配していた。幸い名古屋市昭和区は好天に恵まれたようだ。
01_tv_station
 本館の受付にたどり着くなり、喜井竜児監督とばったり。その足で、いきなりロケ現場に連行されてしまう。せわしないなー(^_^;

 予定では昼食前に放送センター屋上と地球防衛軍基地で撮影、14:00から本館3階診療室で撮影、とのことだった。O澤さんの提案で昼食終わりに現地に入ろうと時間を見計らって到着してみたら、ちょうど診療室での撮影が始まるところだったというわけさ。診療室前で、今度は知念静香さんとばったり。第一話のロケのときに一度お会いしたきりだったけど、知念さんて、こんなに小柄だったっけ。かわいいねー。

右が自らカメラを回す喜井監督、奥に横たわっているのが知念さん。
02_bed
セーラーファイター五号機もスタンバイ。
03_sailor_fighter
ようやく撮影が一段落し、控え室として用意された別棟の放送センター4階第3会議室に移動。二つの建屋を結ぶ渡り廊下は、まるで実相寺昭雄監督作品に出てくるセットみたいだ。
04_way
 知念さんの出番が終わったところで、控え室にてインタビューする。そう、先月打ち合わせした編集者氏とは『特撮ゼロ』のO澤さん、そのとき持ち込んだ企画の一つが、この『セーラーファイト』インタビューだったのだ。

 だったのだが、なんか話しがちゃんと通っていなかったらしく、知念さんに激しく戸惑われる(^_^;

 それでもなんとかインタビュー終了。控え室でお話しをうかがったので、ギャラリーからいろんな声が飛ぶ。知念さんて、ひょっとしてイジられキャラっすか? こちらの質問にたびたび「うーん」と詰まるところは、『喜井監督の怪獣コレクション』に出演している様子そのまま。そら、ああいうビデオができ上がるわなあ(^_^;

収録の合間に談笑するマホ参謀長役の香坂真帆さん(左)とセーラーファイターのスーツアクター川澄覚子さん(右)。川澄さんからも待ちの間に撮影苦労話しをいろいろと聴くことができた。機会があればインタビューしてみたいものだ。
05_women
 お次はDr. カッシィ役の柏田ユウリさんにお話しをうかがう。はずだったのだが、撮影がオシているらしく時間ばかりが過ぎてゆく。もったいないので、先にセーラーファイターの声を演じてこられた桂田智子さんにインタビューする。今日は桂田さんの出番はなく打ち上げのみの参加の予定をこの取材のために、わざわざ早めに局まで来ていただいた。感謝。

 桂田さんは今回お話しをうかがったうちで唯一旧シリーズからの参加者。その内容はどれも興味深く、中には運命的なものさえ感じさせるエピソードも。いずれもインタビュー記事で使うかもしれないので、ここでは封印。掲載は次の次の号くらいの予定。待て、掲載!

出番の済んだマミズ参謀役の真水稔生さん(左)とイナガキ隊長役の稲垣信輝さん(右)。真水さんと喜井監督には、昨日終了したウルトラマンスタンプラリーのスタンプ帳をプレゼントする。実は真水さん、さっき抜きのカットの撮影のためにスタンバイするマホ参謀長の後ろで堂々とこの私服に着替えていた(^_^;
06_men
 やっと柏田さんにインタビューする。柏田さんは、職場でも「カッシィ」と呼ばれているそうな。ちなみに、柏田さんはこの作品で「友情出演」とクレジットされているが、以前から撮影に協力しているあるメンバーが、
「友情ならオレの方がよっぽどある」
と言ったとか(^_^;

 話しは一旦飛ぶが、この後の打ち上げ会場に向かう車中で柏田さんからうかがったところによれば、高校入学までの十年ほどの間に海外と日本を行き来していらした。その間、ビデオで日本のアニメを多く観ており、声優に憧れて演技の道を志すもご両親の勧めで大学に進学。大学時代に舞台の演劇にハマり、その後、事務所の方針などもあり中京テレビの契約アナウンサーとなられた。そして、そのアナウンサーの仕事の一環として、ついにキャラクターの声を演じるにいたる。そうですとも、柏田さんは見事に声優となる夢をかなえられたのですよ!

最後に出番が回ってきたのは、わたし。第七話と最終第八話のナレーションを収録する。録音スタジオは、いかにも放送局! といった感じのスタジオの隣にあった。
07_studio
 ナレーション収録も無事終了し、ようやく打ち上げに合流。

Meguさんともようやくお会いできた。すかさず、お花をプレゼント。遠慮するMeguさん。いやいや、それには及びませんとも。あなたを含めた女子全員にお贈りするために、東京駅構内のお花屋さんで人数分プラスアルファ用意してきたのです。
08_megu
Dr. フージィ役の藤井晶子さん。お互い学生時代以来、なんと30年ぶり以上の再会となる。藤井さんは、漫画家ふじいあきこ先生としてご活躍。
09_drfoogy
今コンビニで売られているご本の表紙を飾っているイラストの配されたポストカードをいただいた。
Post_card_01
こちらは、年賀状としてお出しになったものだそうだ。これより露出の多い衣装のバージョンもあるのだとか。
Post_card_02
桂田智子さん。暗いお店の中の写真しかなくてゴメンナサイ。
10_voice_actoress
 柏田ユウリさんとのツーショット写真はO澤さんに撮っていただいたので、後日掲載の予定(^_^;

【2015.05.31追記】昨日やっとO澤さんに写真を送ってもらったので掲載しておこう。
Photo
店内はもう、宴もタケナワな状態に……。
11_party
 喜井監督からは、全員に映画版『セーラーファイト』の構想が語られた。この後、その打ち合わせのために大阪に向かわれるとか。お話しがうまくまとまるといーですねー。

二次会のカラオケ風景。選曲は、当然特撮ソング縛りだ。カラオケで『ガッパ』の唄歌う人初めて見た。こうして名古屋の夜は更けてゆくのであった。
12_songs
 皆さん、今度ぜひまた映画の現場でお会いしましょう!

 ……そして翌朝。宿で目覚めたわたしはガンガンする頭を抱え、二日酔い対策として常備しているバファリンを自宅に置き忘れてきてしまったことにようやっと気付くのだった……orz

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年2月 2日 (月)

映画『アウターマン』のナレーターを務める

 今日はツインテールの日だそうだ。いやいや、飛鳥五郎さんの命日だろう。いやいやいや、それはともかく。

 映画『アウターマン』のナレーションを収録すべく、JR新橋駅近くのMAスタジオに向かう。

 午後2時の予定時刻少し前に現場入り。席に着くなり河崎実監督から追加のナレーションの指示などがあり、ほどなくして録音ブースへ。

 今回は脚本とそれぞれのブロックの秒数の指定だけもらっていたので、マイクの前に座って初めて実際の映像に接する。をを、なんか結構お金のかかっている画だ。主役クラスのお兄さんたちもイケメンぞろいだし。こういう作品にナレーションつけるの久しぶりかも。

 まあ、映画のジャンルがジャンルだし、河崎実監督とは同世代でもあるし、求められるテイストはだいたい想像がついていたので、演出面での注文は場面の緊張感に合わせたテンションの調節くらいでリテイクもほとんどなく順調に収録終了。

 その後、技術さんの操る映像を見学しながら世間話など。わたしの隣に座っていた方はまだお若く見受けられたので演出助手の方かなにかだと思っていたら、なんと作曲家の先生。この作品を丸々任せてもらえたそうな。貴重なチャンスが得られてよかったですねー。

 映画は完成の後、宣伝などを経て6月先行上映の予定だそうだ。自分のナレーションはもとより知り合いの方々のお芝居など、わたし的には楽しみのいっぱい詰まった作品だ。

【2015.06.28追記】一昨日この映画の先行上映会が催されたので、映画のタイトルを追記などしておく。主演は、『忍者戦隊ハリケンジャー』の塩谷瞬さん、『炎神戦隊ゴーオンジャー』の古原靖久さん、『仮面ライダーウィザード』の戸塚純貴さん。加えて、『世界忍者戦ジライヤ』の筒井巧さん、『ウルトラマンレオ』の真夏竜さんと、特撮ヒーローが豪華競演。そして大人気ミュージシャンのGeroさんが映画初出演し、アウターマンと戦うシルビー星人を演じられている。また、キャラクターデザインは平成ウルトラマンを数多く手がけられた丸山浩さん、脚本は円谷プロ出身の右田昌万さん、特殊造形は『進撃の巨人』などの百武朋さん、特撮は『スーパー戦隊』シリーズ・『仮面ライダー』シリーズの特撮研究所さんが、それぞれ担当されている。なお、本公開は2015年から2016年にかけての冬の予定だそうだ。

おまけ。帰りに新橋駅で例のスタンプラリーのディスプレイを見る。この駅に現れていたのはウルトラセブン。着ぐるみサイズの展示もなされていた。この左にはスタンプ台があるのだが、平日の昼間だというのにひっきりなしに人が訪れ、ついに写真は撮れずじまいだったとさ(^_^;
Ultraseven

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年1月 | トップページ | 2015年4月 »