« 物書き業と声優業の仕込みをする | トップページ | 静香とカッシィとセーラーファイターにインタビューする »

2015年2月 2日 (月)

映画『アウターマン』のナレーターを務める

 今日はツインテールの日だそうだ。いやいや、飛鳥五郎さんの命日だろう。いやいやいや、それはともかく。

 映画『アウターマン』のナレーションを収録すべく、JR新橋駅近くのMAスタジオに向かう。

 午後2時の予定時刻少し前に現場入り。席に着くなり河崎実監督から追加のナレーションの指示などがあり、ほどなくして録音ブースへ。

 今回は脚本とそれぞれのブロックの秒数の指定だけもらっていたので、マイクの前に座って初めて実際の映像に接する。をを、なんか結構お金のかかっている画だ。主役クラスのお兄さんたちもイケメンぞろいだし。こういう作品にナレーションつけるの久しぶりかも。

 まあ、映画のジャンルがジャンルだし、河崎実監督とは同世代でもあるし、求められるテイストはだいたい想像がついていたので、演出面での注文は場面の緊張感に合わせたテンションの調節くらいでリテイクもほとんどなく順調に収録終了。

 その後、技術さんの操る映像を見学しながら世間話など。わたしの隣に座っていた方はまだお若く見受けられたので演出助手の方かなにかだと思っていたら、なんと作曲家の先生。この作品を丸々任せてもらえたそうな。貴重なチャンスが得られてよかったですねー。

 映画は完成の後、宣伝などを経て6月先行上映の予定だそうだ。自分のナレーションはもとより知り合いの方々のお芝居など、わたし的には楽しみのいっぱい詰まった作品だ。

【2015.06.28追記】一昨日この映画の先行上映会が催されたので、映画のタイトルを追記などしておく。主演は、『忍者戦隊ハリケンジャー』の塩谷瞬さん、『炎神戦隊ゴーオンジャー』の古原靖久さん、『仮面ライダーウィザード』の戸塚純貴さん。加えて、『世界忍者戦ジライヤ』の筒井巧さん、『ウルトラマンレオ』の真夏竜さんと、特撮ヒーローが豪華競演。そして大人気ミュージシャンのGeroさんが映画初出演し、アウターマンと戦うシルビー星人を演じられている。また、キャラクターデザインは平成ウルトラマンを数多く手がけられた丸山浩さん、脚本は円谷プロ出身の右田昌万さん、特殊造形は『進撃の巨人』などの百武朋さん、特撮は『スーパー戦隊』シリーズ・『仮面ライダー』シリーズの特撮研究所さんが、それぞれ担当されている。なお、本公開は2015年から2016年にかけての冬の予定だそうだ。

おまけ。帰りに新橋駅で例のスタンプラリーのディスプレイを見る。この駅に現れていたのはウルトラセブン。着ぐるみサイズの展示もなされていた。この左にはスタンプ台があるのだが、平日の昼間だというのにひっきりなしに人が訪れ、ついに写真は撮れずじまいだったとさ(^_^;
Ultraseven

|

« 物書き業と声優業の仕込みをする | トップページ | 静香とカッシィとセーラーファイターにインタビューする »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/165037/58792706

この記事へのトラックバック一覧です: 映画『アウターマン』のナレーターを務める:

« 物書き業と声優業の仕込みをする | トップページ | 静香とカッシィとセーラーファイターにインタビューする »