« 『特撮ゼロ』vol03夏の号が発売される | トップページ | 「仮面と生きた男・坂口祐三郎・十三回忌上映会」に行く »

2015年7月11日 (土)

劇場版『セーラーファイト!』に出演する

 劇場版『セーラーファイト!』の撮影に参加すべく、名古屋の中京テレビさんに向かう。

なにかもう、すっかり通い慣れた感じ。
01_ctv
撮影の準備を進めるスタッフの皆さん。この手前でお芝居をし、後でいわゆるグリーンバック合成を行うのだ。
02_
撮影の合い間にくつろぐ喜井竜児監督。
03__2
 手にしているのは、この作品に登場する地底怪獣ガンドラーのソフビ。もちろん、アマプロ謹製。今月26日開催のワンフェスで発売する予定だとか。

 ちなみにベルトのバックルは、劇場版『仮面ライダードライブ』に登場したショッカー版だそうだ。さすが筋金入りの特撮者(^_^;

おなじみの真水稔生さん。
04_
 劇中では、この髭にほっかむりをして登場。その顔を見たわたしは、『刑事コロンボ』「ハッサン・サラーの反逆」で犯人を演じたヘクター・エリゾンドかと思ってしまった。ハッサン・サラーはスワリ王国の領事代理で、部下の警備隊長を殴り殺したあげくアリバイ工作をしたり、他人に罪をなすりつけようとしたりする悪いヤツだ。いや、真水さんの役は別に悪役ではないが(^_^;

 そして手にしているのは、『特撮ゼロ』vol03夏の号。同誌でコラム「真水稔生の『侘ビ寂ビ・ソフビ・夢遊ビ』」の連載が、ついにスタート! 真水サン、雑誌コラムニストデビュー!! パチパチパチ。目指せ、岩佐陽一とか、みうらじゅんとか!!!

出演用の衣装を身にまとった、わたし。
05_
 喜井監督に用意していただいた白衣を除けば全部自前だ(^_^; 写真では分かりづらいが、ちゃんとカフスボタンも付けている。

 この後、屋外で撮影。

撮影を終えたMeguさんと。
06_
毎回お花では芸がないと思い、今回彼女には石鹸をプレゼント。ジェイアール名古屋タカシマヤで買ってきた。それぞれ、ゆずエキス、くちなしエキス、はちみつ、黒ざとうが配合されているそうな。
06_
 彼女はYouTube版では声だけだったが、なんと所属事務所に直談判、ついに奥田恵として顔出し出演にいたる。今回はいきなし、スーツアクターも務めることに……。つまり本作では、変身前と変身後の彼女を両方とも楽しめ二度オイシイというわけさっ!

 今回は劇場版ということで、撮影にも気合いが入っている。こんなに、おんなじカットを何度もリテイクする『セーラーファイト!』は初めてだ。やっぱり現場で、あーでもないこーでもないとか言いながら、みんなで撮ったら楽しいよね。

 というわけで、この次は、アフレコでお会いしましょう!

おまけ。時間に余裕があったので、スガキヤのイオンタウン太閤店でお昼。やっとありつけた特製ラーメン。ラーメンにスガキヤ特製焼豚5枚と半熟玉子がトッピングされた最強コンボ。金属製のは、かの有名なラーメンフォーク。これ一本で麵も食べられ、スープも飲めるとわっ!
07_
 学生時代よく食べたなあ。スガキヤチェーンは過去何度か関東圏に進出するも、諸事情により撤退を繰り返しているらしい。自宅から歩いて行ける距離に出店してもらうのが理想なんだが……。

デザートには、クリームぜんざいをチョイス。北海道産大納言小豆100%使用のぜんざいとソフトクリームの絶妙なハーモニーが超ロングヒットの秘密だ。てか、これってなんか、飯テロ的な感じになってます?
08_

|

« 『特撮ゼロ』vol03夏の号が発売される | トップページ | 「仮面と生きた男・坂口祐三郎・十三回忌上映会」に行く »

コメント

劇場版は何分作品なんでしょう?上映方法は?
喜井竜児さん以前よりずいぶんお痩せになった?前はもっとふっくらしていた印象が・・・
真水稔生さんの「ハッサン・サラ―」確かに似てますね。髭とたれ目が似てるのかな?最後に「いや!本国では即刻死刑にされてしまう!アメリカの法律で裁いてくれ!!」とそれまでの外交官特権をかなぐり捨てて懇願する小悪党ぶりが印象的でした。

投稿: 代表 | 2015年7月13日 (月) 11時44分

> 劇場版は何分作品なんでしょう?上映方法は?

 ご興味をもっていただいたようで、誠にありがとうございます!

 で、すんません。そのへんの話は、わたしも知らされてはおりませぬ。

 でも、今度のセーラーファイターの造型は、YouTube版のそれとは比べものにならないほどの見栄えがしました。ネタバレにならぬよう、あえて写真は載せてはおりませんが、少なくともこの点は期待していただいてヨロシイかと。

> 喜井竜児さん以前よりずいぶんお痩せになった?前はもっとふっくらしていた印象が・・・

 現場がバタバタしていて、ちっとも気がつきませんでした。

 ご本人のお話しによれば、ただでさえ多忙な報道畑の仕事に就いている上に劇場版の準備まで進めているので、ここ半年ほどロクにお休みも取れていないんだそうです。そのせいで、おやつれということなのでしょうか。お身体に問題なければよいのですが……。

> 真水稔生さんの「ハッサン・サラ―」確かに似てますね。髭とたれ目が似てるのかな?最後に「いや!本国では即刻死刑にされてしまう!アメリカの法律で裁いてくれ!!」とそれまでの外交官特権をかなぐり捨てて懇願する小悪党ぶりが印象的でした。

 そーでしたねー。これ大好きなエピソードの一つで、今でも繰り返し観直してマス。

 こーやって代表さんと『コロンボ』話を交わせるのも、わたしがブログをやっている楽しみの一つです(^_^;

投稿: 木全 直弘 | 2015年7月13日 (月) 23時57分

>そのへんの話は、わたしも知らされてはおりませぬ
では判り次第ご報告をお願いします。

>ただでさえ多忙な報道畑の仕事に就いている
報道だったんですか、てっきりバラエティとかだと勝手に思ってました。
突発事態で時間が拘束される報道畑で、よく映画とか作る時間ありますね!

>これ大好きなエピソードの一つで、今でも繰り返し観直してマス。
私は「別れのワイン」が好きで、その後ドナルド・プレザンスが気になって、色々出演作を追っかけて「悪魔の植物人間」まで劇場に見に行きました。

投稿: 代表 | 2015年7月14日 (火) 14時37分

> >そのへんの話は、わたしも知らされてはおりませぬ
> では判り次第ご報告をお願いします。

 わたしは本作では一出演者に過ぎず公式のスポークスマンではありませぬゆえ報告係のお役目は荷が勝ち過ぎますが、わたしの立場で知り得た情報は可能な限りこのブログに書いてまいります。

> 突発事態で時間が拘束される報道畑で、よく映画とか作る時間ありますね!

 まったく同感です。まあ、道楽とはそーゆーものかと(^_^;

> >これ大好きなエピソードの一つで、今でも繰り返し観直してマス。
> 私は「別れのワイン」が好きで、その後ドナルド・プレザンスが気になって、色々出演作を追っかけて「悪魔の植物人間」まで劇場に見に行きました。

 「別れのワイン」もいーですよねー。

 アリバイと引き替えに何よりも大切にしているコレクションを台無しにしてしまう悲哀といい、例によって猛勉強するコロンボとの間で醸し出される師弟愛とも友情ともつかない情感といい、ドナルド・プレザンスの名演なしには生まれなかったものかもしれませんね。

投稿: 木全 直弘 | 2015年7月14日 (火) 19時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/165037/60718434

この記事へのトラックバック一覧です: 劇場版『セーラーファイト!』に出演する:

« 『特撮ゼロ』vol03夏の号が発売される | トップページ | 「仮面と生きた男・坂口祐三郎・十三回忌上映会」に行く »