« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

2015年10月29日 (木)

「セーラーファイト!2014」OPフルバージョン公開!

 YouTubeにて、「セーラーファイト!2014」OPのフルバージョンが公開された。

 これは、ナント同OPを歌っているご本人制作によるミュージックPV。

 こちらのブログから、リンクされてマス。
【「特撮ファイト!」映画公開報告】

 実は、2014年版OPは、20年あまり前に放送されたそれとは歌詞が一部異なっている。その秘密は、『特撮ゼロ』次号に掲載の予定!

おまけ。1999年のわたしの誕生日に、ミッチこと堀江美都子さんから送られてきたバースデーカードと絵ハガキ。先月部屋を片付けていたとき発掘されたので、写真立てを買ってきて自室のテーブルの上にディスプレイしてみた。この年の5月に、当時出演していたバラエティー番組のコーナーでミッチにインタビューさせていただいた。スタジオ撮りのコーナーとしては、わたしの人生初のインタビュー。これが届いてから、もう16年も経つんだなあ。いつもミッチが見守っていてくれるお部屋。ああ、なんてステキな暮し(^_^;
Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月17日 (土)

名古屋『特撮ファイト!』で舞台挨拶する

 名古屋駅近くのシネマスコーレで開催された第1回東名阪特撮自主映画上映会『特撮ファイト!』にて、舞台挨拶する。

 今日の予定は次のとおり。

17:00 入場整理券配布開始
18:00 セーラーファイト関係者のみの試写
18:30 お客さん入場開始
19:00 『セーラー』『Q子』『ゼロス』上映
20:30 トークショー開始
21:00 上映会終了~セーラー関係者打ち上げ

 準備のため喜井竜児監督が16:00には現場に入るというので、わたしも打ち合わせのためそれに合わせて現場入り。

シネマスコーレの様子。まだ時間が早いためか、落ち着いた雰囲気。果たしてお客さんは来てくださるだろうか。
01
 20年あまり前のテレビシリーズから観ていたというファンの方々と世間話しなど。一番早い方は、午後3時頃到着されたそうだ。熱心ですねー。

 この後、次第に整理券を求めるお客さんが列をなし、ついには満員御礼に。立ち見のお客さんが出るほどの盛況ぶりだ。関係者の心配は杞憂に終わる。よかった、よかった。さすが、『セーラーファイト!』のお膝元!

『劇場場セーラーファイト!』の主演女優、奥田恵ちゃん。
02
 しかし一方、準備が間に合わず関係者のみの試写が中止になってしまう。このため、ただでさえ満員の会場に関係者も加わり、場内はすし詰め状態に(^_^;

合い間に記念撮影をする面々。右からセーラーファイター・メグ、ゼロス、柏田ユウリさん、セーラーファイター・シズカ(写真提供:柏田ユウリさん)。
03b
 ゼロス、メグ、シズカの三体は、道行く人たちに上映会をアピール。盛んにカメラを向けられていた。劇場スタッフの女性のお一人も被り物をじかにご覧になるのは初めてだそうで、感激されていた。なんかもう、劇場周辺はちょっとしたお祭り騒ぎに……。

 19:00なんとか予定どおりに開演。冒頭、発起人・喜井監督の挨拶の後、3作品を続けて上映。その後、やはり予定どおりに舞台挨拶。

登壇したのは、右から喜井さん、メグ、ゼロス、シズカ、そして進行役を務めるわたし(写真提供:柏田ユウリさん)。
08
 今日は『デジタルQ子vsロボコン大決戦』の関係者が不在なので、わたしから同作についてご説明など。ついでに、主演の宮内桃子ちゃんがお尻に小道具をくっつけて歩くさまをショッピングモールで撮影していたところ、あやうく盗撮犯に間違われそうになったエピソードなども披露する。ゼロスは大阪でたびたび警察から表彰されているというのに……(^_^;

 上映後は、場内でメグ、シズカのサイン会、劇場前でゼロスの撮影会など。サインは前回同様、パンフレット裏表紙の空きスペースにどうぞ。わたしまでサインを求められる。そんなもの考えたこともないので、フツーに氏名を書く(^_^;

 撤収後は、劇場近くの居酒屋に移動して関係者打ち上げ。幹事の宗像さん、稲垣さん、お疲れさまでした。参加女子メンバーには、個人的に記念のキャンドルをプレゼント。

名古屋飯コース料理の一部。味噌串カツに手羽先に……。
04
名古屋名物ういろうまでもが天ぷらに……。
05_2
そしてなんといっても、海老ふりゃーだがね(^_^;
06
 稲垣さんからは、奥さまとの馴れ初めなどをお聴きする。いーなー、オレも一度くらい、そーゆー目に遭ってみたいものだorz

 というわけで、あとは来週の大阪での上映会を残すのみ。わたしは行かれないが、ほかの登壇者の方々が盛り上げてくださることであろう。皆さま、ご来場よろしくお願いいたします!

おまけ。名古屋駅地下街エスカのお店の一つで売られていたTシャツ。これを着た姿は、すでにキャラクターものを身に付けたそれにとどまらず、もはや「ひろしのコスプレ」と呼ぶべきであろう。
07

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2015年10月 3日 (土)

「特撮ファイト!」で舞台挨拶する

 渋谷のUPLINKで開催された第1回東名阪特撮自主映画上映会にて、舞台挨拶をする。

 今回の上映作品は、『劇場版セーラーファイト!』『デジタルQ子vsロボコン大決戦』『地球戦士ゼロス MOVIE EDITION』の3作品(上映順)。

 我らが『セーラー』はもちろん、喜井竜児監督による名古屋発の作品。『Q子』は、栃木県在住の破李拳竜さんの監督作品。そして『ゼロス』は、大阪のローカルヒーローで製作はJUNGLEさん。

 開場は18:30、開演は19:00なのだが、ついでにほかの用事も片付けようと早めに渋谷に出かける。

 すると、17:00ごろ喜井さんより携帯に着信。舞台挨拶の打ち合わせをしたいのですぐに劇場に来てくれと。

 この件については、あらかじめ相談しておこうと以前からメールを送っていたのだが、待てど暮らせど返事が来ない。それもそのハズ、今日の上映準備が終わったのが今朝の9時。それから車で名古屋から上京してきたのだとか。いつものことながら綱渡りだ(^_^;

 現場に入り、喜井さんはじめ破李拳さん、JUNGLEの営業本部長さまらと段取りを考える。せっかくだからと、『Q子』の敵役・凶珍マンがゼロスにケンカを売る寸劇も入れることにする。大阪発のヒーローに負けた凶珍マンの捨てゼリフは、やっぱコレだよね。
「今日は、これくらいにしといたろ」

会場受け付けの様子。ポスター、パンフレットとゼロスのカード。
01
入場者には、このパンフレットがもれなく配られる。内容は、上映3作品の詳しい解説記事だ。
02
ゼロスのカードに謳われているのは、「犯罪」「環境破壊」「公共マナー違反」の3つを「ゼロ」に。「ゼロを3つ重ねてゼロス」というアイデアは『仮面ライダーオーズ/OOO』より早かったのだと、JUNGLEさんが強調されていた。
03
 そうこうしているうちに、やはり舞台挨拶される『Q子』主演の宮内桃子さん、そのお母さん役を演じられた萩原佐代子さんがご到着。段取りをご説明する。

合い間に宮内さんと記念撮影。
04
 彼女は、『宇宙戦艦ヤマト2199』のヤマトガールを務めたり、あの『全力坂』に出演したこともあるそうな。
「あの番組って、ロケ車で現地に出かけてって一回走って終わり、とかスか?」
「それが、違うんですう!」
カメラをまたいで走るアングルとか横から撮った画とか、いろいろ撮影するので、二本撮りだと丸一日かけて何度も坂を駆け上がらなきゃいけないんだそうだ。大変ですねえ。

 18:00を過ぎると次第にお客さんの数が増えてきた。あとで振り返ってみると、客層は大きく分けて3つ。萩原さん会いたさなどの特撮ファンの方、宮内さんを応援してらっしゃるファンの方、そして、若い女性はゼロス目当て。ゼロスには、二人の若手声優さんが主演してらっしゃる。不勉強で恐縮だが、お二人とも大した人気の方だそうだ。

 業界関係者では、『特撮ゼロ』編集のO澤さん、マルサン六代目代表の神永英司さん。マルサン玩具まつり、次回は11月下旬の三連休ですか。お誘い、ありがとうございます。

 そしてなんと、河崎実監督も奥さまを伴ってご来場。監督からは、わたしがナレーターなどを務める『アウターマン』の劇場公開が今年12月であることを教えていただいた。また、奥さまとは上映後にしばし歓談させていただけた。お初にお目にかかります。そして、あらためまして、ご結婚おめでとうございます!

一番意外だった来場者は、柏田ユウリさん。『セーラー』組は喜井さんとわたしだけだと思っていたら。ちょうど東京で仕事があったので駆け付けたのだとか。思いがけずお会いできてよかったです。
05
 19:00予定どおりに開演。冒頭、発起人の喜井さんの挨拶の後、3作品を続けて上映。

 そしていよいよ舞台挨拶。登壇したのは、喜井さん、ゼロス、凶珍マン、寸劇でその声を演じられた破李拳さん、宮内さん、萩原さん、そして進行役を務めるわたし。

 トークは和やかに進んでいたのだが、途中で喜井さんがソデに引っ込んでしまう。客席からは見えないが、その喜井さんから話を引き延ばせ、とのサインが……。なんだか様子がおかしい。とりあえず場をもたせつつ時間を稼ぐ。

 結局、『ゼロス』の上映が、トラブルにより途中までしかなされていなかったことが判明。舞台挨拶の後に続きを上映することに……orz

 まあ、怒り出すお客さんもいなかったので、結果オーライだよね。上映後は、上映室を出た通路で萩原さん、宮内さんのサイン会、劇場出口ではゼロスの撮影会な感じに。

宮内さんとゼロスのツーショット。劇場出口はすぐ表の通りに面しているので、道行く人たちがゼロスに携帯のカメラを向けていた。
06
前述のパンフレットの裏表紙。サインをねだる人に配慮して、あらかじめ下半分に白いスペースを空けてある。わたしも、宮内さん(もちろん左の方の)と萩原さんにサインをいただいた。
07
 撤収後は、柏田さん、O澤さんと飲み。柏田さんは、意外にもエレベーターにも酔うくらい乗り物酔いされるのだとか。そんなんで、日本と海外を頻繁に行き来してらしたんですか。そらあタイヘン。

 ……そんなこんなで、再来週は名古屋にて、さらにその翌週には大阪にて上映会。皆さま、ご来場よろしくお願いいたします!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »