« 宇津木優季ちゃんに「ホント、バカだな~♪」と言われる(^_^; | トップページ | 塩谷瞬主演映画『アウターマン』初日舞台挨拶を観る »

2015年11月22日 (日)

ガルパン劇場版を鑑賞する

 最寄りの映画館にて、『ガールズ&パンツァー劇場版』を鑑賞する。

 公開は昨日からだが、なんとしてでも初日に観なくてはならないというものでもあるまいと、三連休の中日の今日、のんびりと出かける。

 同シリーズはこれまでに、テレビアニメとOVAを視聴してきたのだが、次第にスケールアップしてきているのを感じていた。

 ところが、劇場版のそれはケタ違い。いやもちろん、劇場の大スクリーンと音響効果のせいもあろうが、作品のデキが違う。

 まず、なんといっても戦車。車種のバリエーションと作りの精密さ、動きの見事さ。加えて、個性あふれる戦車たちがそれぞれに見どころを作ってくれていて、楽しい限り。CG部門の方たちの力の入れようが伝わってくるようだ。

 二つ目は、音響。戦車の走行音や大砲の発射音のド迫力。架空の超兵器なら言い値でいくらでもスペックを上げられるわけだが、あくまで実機を基にその縛りの範囲内で訴えかけてきているところが、この作品のミソだ。そして音楽。これまでのシリーズで使われてきた曲も多いのだが、すべて新たに録り直したそうだ。楽器の編成などが変わると曲の印象が台無しになりゲンナリした気分を味わう作品もあったが、こちらはちゃんと元の楽曲のセンスを正しく受け継いでいてくれる感じでうれしい。

 第三に、キャラクター。こちらもこれまでのシリーズでの描写を踏襲した上で、さらに深く掘り下げられている。西住みほが自室に包帯を巻いたクマのぬいぐるみを大事そうにコレクションしている理由が、やっと分かったよ(^_^;

 新たな登場人物も多いが、その中でわたしが注目したのは、プラウダ高校のクラーラという隊員。演じているのは、ジェーニャだ。

 彼女はロシアの出身。お父さんは軍の空挺部隊に所属していたそうだ。『セーラームーン』や『エヴァンゲリオン』などを観て日本のアニメが大好きになり、それをアピールするネットのサイトを立ち上げた。これが日本のファンの方たちの間で評判になり、それに乗った番組制作会社が彼女に日本のテレビ番組出演の話を持ちかける。タイトルは、『ロシアンオタク娘トーキョーへ行く』。30分2回シリーズ。2002年制作・放送。

 このときわたしは、番組スタッフの一人として、旅券を買うための費用を彼女に送金したり、日本滞在中のホテルを手配したり、ロケのアポやタイアップを取ったりした。ロケは、秋葉原のアニメショップやはとバスツアー、伊豆の海やアニメのアフレコ現場など。アニメは、当時放送されていた緒方恵美さんがヒロインを演じる『円盤皇女ワるきゅーレ』。緒方さんといえば、なんといっても『エヴァンゲリオン』の碇シンジだ。はるばるロシアからやって来て憧れの緒方さんに出会った彼女の両足は、完全に宙に浮いていた(^_^;

 一番やっかいだったのは、外務省とのやり取り。日本から彼女に必要な書類を送り、それを彼女が現地の領事館に持ち込み、さらにそれが日本の外務省に送られて入国審査が行われる手はずだった。翌週の月曜には新潟の空港に到着するというのに、週の半ばになっても連絡がない。なにか妙だと思って担当官に電話を入れると、
「まだ現地の領事館から書類が届いていないので、審査していません」
「では、必要な書類は当方で用意いたしますっ!」
「そういうことでしたら、審査しても構いませんが」
受話器を置くなり大急ぎで書類一式を整え、電車に飛び乗り窓口が閉まる寸前で霞ヶ関の役所へ持ち込んだ。結果、ギリギリセーフ。あのときは危なかったよ……orz

 そのジェーニャが、今や日本で声優をしている。2年ほど前テレビで観たときは、NHKのEテレで日本人の女子にロシア語の単語を教えていた。夢が叶ってよかったね、ジェーニャ。

おまけ。映画館で買い求めた劇場版のパンフレット。広告を除いても40ページを超す力作だ。
01
こちらは、来場者特典のミニ色紙。各種あるのだろうが、わたしがもらったのは、サンダース大付属のおケイさんと聖グロリアーナ女学院のダージリン様の。両名とも、もちろん劇中で大活躍(^_^;
02

|

« 宇津木優季ちゃんに「ホント、バカだな~♪」と言われる(^_^; | トップページ | 塩谷瞬主演映画『アウターマン』初日舞台挨拶を観る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/165037/62648316

この記事へのトラックバック一覧です: ガルパン劇場版を鑑賞する:

« 宇津木優季ちゃんに「ホント、バカだな~♪」と言われる(^_^; | トップページ | 塩谷瞬主演映画『アウターマン』初日舞台挨拶を観る »