« 清水マリさんのイベントに行く | トップページ | ウルトラマンから年賀状をいただく »

2015年12月30日 (水)

河崎監督忘年会に参加する

 中野にある河崎実監督のお店・ルナベースで催された河崎監督忘年会に参加する。

 この日のスケジュールは、

> 17時より18時半までニコニコナマ放送。
> 18時半より飲み放題2000円。持ち込みOKです。

とのこと。あらかじめ奥さまにメールで問い合わせると、18時半過ぎに来ていただきたいとのお返事。

 その時刻に到着。さっそく監督に差し入れをお渡しする。すでに店内はすし詰め状態。その多くは、クラウドファンディングで監督の作品『電エース』シリーズに出演されたファンの方々、すなわち、電兄弟たちだ。お互いを
「七郎兄さん」
などと呼び合っている(^_^;

 ちょうどニコニコナマ放送が終了したところらしく、ゲストの萩原佐代子さんのお姿も。監督の音頭で、まずは乾杯。萩原さんと奥さまには、石鹸をプレゼントする。

その萩原さんと。ああっ! 暗いし、ボケてるし……(^_^;
01
 その後は、毎週金曜夜のこのお店のレギュラーの催し「河崎実ナイト」な感じに。レアな映像の数々を堪能する。

 監督をはじめ電兄弟たちも筋金入りの特撮者たち。
「この役者さんのアクションの特徴は……」
とか、
「これを撮った監督さんは……」
とか、まるで山ほど解説者が登場するオーディオコメンタリーをライヴで楽しんでいるかのような幻想に包まれる(^_^;

 監督の自主映画、『イキナリ若大将』初めて観た。加山雄三さん主演の東宝映画・若大将シリーズの完璧なパロディになっているのはもちろんのこと、すでにこの頃に監督のテイストがあふれんばかりに満ち満ちている。

 本家シリーズで星由里子さんらが演じられたマドンナ役には、どこぞの現役女子大生だったという女子。このまま今の雑誌のグラビアページに頂いてもいいような美人だ。

 加えて、本物の森田健作さんは登場するわ東映や円谷プロの特撮作品の被り物は次々登場するわ。監督によれば、被り物もすべて本物だとか。

 この、どーかしている加減がホントーにスゴイ。自主制作でこんなもん撮っちゃうとは、やっぱこの人ダダモンじゃないわ(^_^;

 さらに驚いたのは、1960年代の特撮ドラマのキャストの皆さんが地方で出演されたイベントを記録した映像。地元のファンの方が撮影されたものだそうだが、あの当時そのままのお姿がカラーで残されているとは……。2015年の最後に、貴重な思い出ができたよ。

 ……などと感慨に浸っていたら、お店のトイレのカギをうっかり上着のポケットに入れたまま帰宅するというボケをかましてしまう。とりあえず奥さまにお詫びのメールをお送りし、翌日返却。大みそかの思い出がトホホなことに。……やれやれorz

奥さまから送っていただいたメールに添付されていた画像。満面に笑みをたたえつつ変身するカワサキミノル隊員(^_^;
02

|

« 清水マリさんのイベントに行く | トップページ | ウルトラマンから年賀状をいただく »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/165037/63388750

この記事へのトラックバック一覧です: 河崎監督忘年会に参加する:

« 清水マリさんのイベントに行く | トップページ | ウルトラマンから年賀状をいただく »