« 2017年10月 | トップページ | 2018年2月 »

2018年1月26日 (金)

ガンダム途中下車の旅

 先日写真を載せた赤羽駅より南下して池袋に向かう機会があったので、テレビ番組もすなる途中下車の旅を、わたしもしてみむとてするなり。て、パクリ文やがな(^_^;

ちなみに、スタンプ帳は、こんな感じ。
Photo_01 JR埼京線に乗り込み、二駅を訪ねる旅に出る。

 まずは、お隣の板橋駅。

をを、セイラさん。平成・21世紀になっても、取り上げられるのは、やっぱこのセリフっスか(^_^;
Photo_02
 いやもうね、『機動戦士ガンダム』本放送当時、わたしは学生だったわけで、セイラさんとは、まあ同年代。しかしながら、かれこれ40年近くが過ぎているというのに、今もって「セイラさん」言うてまうねんなあ。ほんま、慣れゆうのんは、オソロシわorz

 そして、もう一駅、十条駅へ。

駅の構内は工事中。その様子も露わな柱にチラシ。こういう場に掲げられているのも、ガンダム感漂うというか。
Photo_03
こーゆーのも。Photo_04

たどり着いてみると、スタンプ台そのものは、とりたてて他の駅との違いもなかったのだが……。
Photo_05
ああっ! 仮設の踊り場に、パノラマな光景が……。
Photo_06
 以下、アップの写真をば。

なにはなくとも、主役メカ。
Photo_07
続いて、サポートメカのガンキャノンに、
Photo_08
ガンタンク。
Photo_09
忘れちゃあならないコアファイター。あらためて見ても、本当によくできたデザインだなあ。さすが大河原邦男先生。
Photo_10
マスコットのハロも、ちゃっかり。
Photo_11
ガンペリー。ガンダムパーツを運搬するシーンが想い出される。
Photo_12
そして連邦軍からは、ジム。
Photo_13
ボールも。
Photo_14
さらに、ミデア輸送機。マチルダさぁぁぁぁぁん!
Photo_15
 どれも、雑誌『アニメック』に掲載された記事でおなじみになった設定デザイン画たちだ。当時、穴が開くほど見つめたっけ。

お後がよろしいようで。
Photo_16
 ……と思たらっ!

なにか、軍団の方々のポスターにまで遭遇(^_^;
Photo_17

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月14日 (日)

堀江美都子ゼミ発表ステージを観に行く

 川崎市にある洗足学園音楽大学で開催されたWinter Theaterを鑑賞。

 ミッチのブログで同大声優アニメソングコース客員教授に就任されたのを知ったのは、昨春のこと。何か機会があれば訪れてみたいと思っていたのが、今回、一般の入場もOKということなので、さっそく。

会場にたどり着いてみると、立派なチラシをいただいた。Photo_01

ウラは、こんな感じ。
Photo_02
 冒頭、いきなりミッチが登壇しての歌唱でビックリ。曲は、21世紀のアニメソングがテーマということで、『美少女戦士セーラームーンCrystal』から「ニュームーンに恋して」。ミッチの生歌をタダで聴くのは、もう20年近く前、東京大学の五月祭にミッチがゲスト出演したとき以来だ。

 初めて拝見したけど、この曲には振付けもあるようだ。そうとも、今やミッチは、歌って踊れる大学教授というわけさ(^_^;

 演奏は、同大ロック&ポップスコースの有志によるバンドだそうだ。さすがは、音楽大学。

 続いて、14名のゼミ生の皆さんが順に登場して、各自の好きな21世紀のアニメソングを歌うという構成。他のメンバーのサポートに回ってバックを務めたり、といった場面も。客席を埋めるのは、ご父兄やお友だちの方々のことと思うが、サイリュームを手に応援する姿が散見されたのが、平成・21世紀な光景だ。

 そして、アニメ100周年アニバーサリーソング『翼を持つ者 〜Not an angel Just a dreamer〜』を全員で合唱しての締め。

 詳しく説明されなくとも、ゼミ生の皆さんが、ミッチ教授の温かいご指導の下、日々懸命に勉学に取り組まれておいでなのが十分に察せられた。

おまけ。今年のJR東日本のスタンプラリーの件。京浜東北線赤羽駅みどりの窓口に潜入したのは、アカハナだった。
Photo_03
駅の構内には、アップの貼り紙も。21世紀になって、こんな形で再会するとは思わなかったよアカハナ(^_^;Photo_04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月 8日 (月)

西本喜美子写真展「遊ぼかね」観覧

 新宿三井ビル1階エプソンイメージングギャラリー・エプサイトにて開催中の 西本喜美子写真展「遊ぼかね」を観に行く。

 西本喜美子さんは、熊本県在住の89歳(!)のアマチュア写真家。

 アートディレクターであるご長男の主宰する写真講座に参加して初めてカメラに触れ、80代にして熊本県立美術館で個展を開催。さらに、画像処理ソフトを巧みに使いこなすと、写真集『ひとりじゃなかよ』を刊行するなど大活躍。今やネット上には、センスあふれる自撮り写真への称賛の声が拡がっている。

 例えば……。

ごきげんな感じで車と並走してみたり……。
Photo_01
お仏壇に向かって手を合わせているうちに、空中浮遊。
Photo_02
そうかと思えば、なぜか頭にスコップが突き刺さったり……。
Photo_03
あげくの果てに、幽霊になってみたり……。
Photo_04
 とにかく愉快、の一言。

 アマチュアでも、地方在住でも、後期高齢者でも、ここまでできるというお手本を示していただいた感じ。いやホントーに、おばあちゃん、カッコいいっス!ブラボー、ブラボー!

おまけ。JR東日本のスタンプラリー今年は、『機動戦士ガンダム』。君は、集めきることができるか?!
Photo_05

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月 1日 (月)

Prosit Neujahr!

 新年に乾杯!

 今年も年賀状をいただいたので、ご紹介してみよう。

 まずは、古谷敏さんからの。

Photo_01

 昨年末までウルトラシリーズ50周年の催しなどで、お忙しかったことと存じます。

 今年も、どうかお元気で、よりいっそうのご活躍を!

 お次は、河崎実監督から。

Photo_02

 監督の両サイドを彩る四人の女子は、昨年公開の監督作品『干支天使チアラット』にご出演のヒロインの皆さま方。わたしは、ナレーターを務めさせていただいた。ありがたや、ありがたや。

 ご覧のとおり、いずれも干支にちなんだコスチューム。

「いやいや、左端の猫は、干支にはいねぇだろ」
と気になった方は、ぜひ同作品をご鑑賞くださいますよう(^_^;

 ちなみに、「干支天使」の読みは、「エトランジェル」。

 わたしは、監督のご指摘で、うかつにもマイクに向かってナレーション原稿を読んでる最中それに気づき、あわてて修正したのだった。あぶねー!

 最後に、真水稔生さんから。

Photo_03

 写っているのは、戌年にちなんでであろう、『がんばれ!!ロボコン』の登場キャラクター・ロボイヌ。真水さんのソフビコレクションの一つ。だと思う(^_^;

 雑誌『特撮ゼロ』でのコラム『真水稔生の侘ビ寂ビ・ソフビ・夢遊ビ』の連載も昨年中に無事5回目に達し、喜ばしい限り。

 というわけで、今年も皆さんご一緒に、ガンバッテまいりまっしょーっ!

 ……あ、確定申告の準備しなくっちゃorz

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年10月 | トップページ | 2018年2月 »