« 2018年8月 | トップページ

2019年1月19日 (土)

ケーブルテレビに出演する

 地域のケーブルテレビ局WINKさんの番組に出演する。

 昨年この街で催された「第1回昭和歌謡紅白歌合戦」をテーマにしたトークコーナー。

スタジオ入りすると、この光景。この催しの関係者の方の個人的なコレクションなのだとか。いしだあゆみさんの「ブルー・ライト・ヨコハマ」とか、懐かし~(^_^;
Photo_01
 そーいえば最近、コレクターの方が亡くなられた瞬間、なぜだかそのご家族の方が、我を忘れんほどの衝動に駆られて残されたアイテムの処分にソッコー着手してしまい、それらコレクションの価値をひとつも吟味することなく、ひたすら廃棄しようとした、といったネット上の話題に接した。

 わたしには貴重なコレクションなどロクにありもしないが、上述の憂き目に遭いかねない知り合いに幾人か心当たりもあったり。実際、同世代の中に、突然の病に倒れ還らぬ人となった方もあるわけで。

 各々方、貴殿ご所蔵の貴重なる品々は、おのが自身にとってのみならず、志しを同じうする者らへのかけがえのない置き土産と心得、ゆめゆめご油断召されまいぞ。

 ところで、わたしは、とりたてて音楽好きな家庭で育ったというわけでもないけれど、それでも、安物のプレーヤーで、倍賞千恵子さんの『さよならはダンスの後に』や梓みちよさんの『こんにちは赤ちゃん』のレコードを聴いた記憶はある。ちなみに、幼い頃に最初に憶えた歌謡曲は、舟木一夫さんの『高校三年生』だったと思う(^_^;

 話を番組出演に戻すと、トークは大いに盛り上がり、楽しい時間は「あっ」という間に過ぎてゆくのであった。

収録後に記念撮影。向かって左が司会進行の栗原邦夫さん。
Photo_02
 栗原さんは、税理士として独立して事務所を開かれたばかりか、なんと、天下の芸能事務所オスカープロモーションさんご所属の現役のタレントさんでもあるという、スゴイお方。いやぁ、恐れ入りました。

 カメラを回していないところで、同席した一同がオタク話に花を咲かせる場面も。栗原さんも、わたしの♪胸に輝くマークは流星、を瞬時に見抜かれた。そらぁ、同世代だもの(^_^;

 この次は、ぜひオタク音楽をテーマにしたトークにお招きくださりませっ! お待ちしておりまーす(^_^;

【後日追記】

 わたしが大胆不敵にも大衆の面前で『銀色の道』を披露するに及んだ有様は、2月15日(金曜日)放送開始の後、一週間にわたってリピート放送アリ。

 そして、今回の収録の模様は、翌週2月22日(金曜日)から放送が始まり、同様に一週間にわたってリピート放送されるそうなっ!(コチラは、同局Kディレクターからもたらされた情報。ありがとやんしたーっ!)

 放送時間帯などの詳細は、WINKさんのホームページなどでっ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月 1日 (火)

New Year's Day in 2019

 さぁ、今年も、恒例の年賀状ご紹介といこう!

Photo_01
 まずは、河崎実監督からいただいたもの。『シャノワールの復讐』のロケ現場で撮影されたお写真だろうか。この画ヅラを見ただけで、作品の、そして、監督の、「どうかしている」加減が容易にうかがい知れようというものだ。そらぁそうとも、還暦を迎えたぐらいのことで、ボクらの河崎実監督の勢いは止まらないさ。監督っ、今年もナレーションのご用命、お待ちいたしておりますっ!

Photo_02
 そして、真水稔生さんからの(例によって、個人情報はブラインドしております)。なにやらブラウン管らしきモニタにカネゴン登場。背景に写っているのはATMだろうか。まさに、「銭や、銭なんや!」な(^_^; このカネゴンたちとともにボクたちは、昭和に生まれ、平成を経て今年、新たな時代を生きることになる。

 ……んで、来年は2020年なんだから、年賀状には当然、ケムールのソフビ人形が登場するんですよねっ>真水さん(^_^;

 そういえば以前、CS放送で、カネゴンと化す少年・加根田金男君を当時子役として演じられた方のご出演番組を観た。この方は後に自衛隊に入隊、やがて後進の指導にあたるお立場に。すると、訪れる先々で待ち構える生徒さんたちに、「カネゴン」コールで歓待されたそうな。

おまけ。ラストも恒例、街で見かけたチラシのコーナーですっ!(て、なんかラジオパーソナリティみたいなってきちゃったな)
Photo_03
ウラは、こう。人気作家の先生方のお名前・作品名がズラリ。あんまご縁ないけど、そおいう土地柄なのね。
Photo_04
 解説文には、「ときわ荘」とともに戦後マンガ史にその名を刻む伝説の梁山泊、「大泉サロン」の名も。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年8月 | トップページ