2018年8月 3日 (金)

♪都の西北 早稲田の老舗

 早稲田にある老舗おそば屋さん、三朝庵さんが、ついに閉店との報に接し、ちょうど近くを訪れる機会もあって出かけてみる。

 このブログでおそば屋さんのことなど話題にしたこともないのだが、今回わざわざ出かけたのは、なにをかくそう、このお店こそ、河崎組の絵師・電次郎こと加藤礼次郎先生のご実家だからだ。

 もちろん、このお店自体も、河崎実監督作品のロケ地として、たびたび登場してきた。

灯の消えた店内の様子がうかがえる。永年、早稲田大学の学生さんたちの通ったお店であることは有名だ。同大学は、ここから目と鼻の先。
Photo_01
こちらは入り口側に周って見たところ。
Photo_02
「御用」の文字が並ぶところに、伝統の風格漂う感じが……。
Photo_03
五代目店主の方のご挨拶状。「ごひいき」のフレーズが江戸っ子な。
Photo_04
 そういえば以前、江戸文化研究で知られた杉浦日向子さんが、おそばをいただくときの粋な表現として、「手繰る」という言葉を紹介されていたっけ。このお店では、さぞかし多くの人たちが、おそばを粋に「手繰った」ことだろう。

そして、加藤礼次郎先生のご本の表紙画像も併せて。あえて製作途中の一過程、ネームの段階の未完成な魅力を表現しようとの同人誌ならではの試みだ。
Photo_05
 てなワケで、平成最後の夏の一コマの巻でござる。

おまけ。街で見かけたチラシ。Photo_06

 「太陽の塔への道」と言っても万博会場へのツアーの案内ではなく、作者の岡本太郎氏の太陽の塔に至る作品を取り上げた企画展なのだそうだ。南青山にある岡本太郎記念館にて。

 いや、こんなにキレイに写っている太陽の塔の写真を見るのは初めてなので、思わず載せてしまった次第(^_^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 7日 (土)

線路保守用車両に乗る

 鉄分乏しき我が身には馴染みのないことだったが、線路保守用車両なる物があり、これに乗る機会が設けられると知り、出かけてみる。

その催しのチラシ。
Photo_01
 受け付け開始のタイミングを見はからって会場にたどり着くと、幼いお子さんをお連れのファミリーが多く。電車好きの子どもさんたちに、せがまれてのことだろうか。

受け付けでいただいた記念券。漂う本物感!(本家JR製なんだから、当たり前か)
Photo_02
ウラには、五つの路線の車輌が。この浦和地区で管轄している路線ということなのかな。
Photo_03
順番を待ちながら、お目当ての車輌を金網ごしに撮影。
Photo_04
 線路保守という専門性の高い作業に使用する道具なんだから当然のことなのだろうが、乗り心地は悪い(^_^;

 小さな車輪が線路の継ぎ目を通過するたびに、ガタンと衝撃が。短距離の移動を前提としているからだろうか。これで長距離を移動するとなると、線路を保守する以前に、身体のアチコチが痛くなったりするのじゃなかろうか。

 とはいえ、実際に使われている車輌に乗れて楽しく。こんなに低いアングルから線路を見降ろして移動したことなどないので、普段と違った景色が観られておもしろい。

会場には、新幹線写真パネルも。「夢の超特急」ったら、やっぱゼロ系だがね(^_^;
Photo_05
 そういえば以前、CG(コンピュータ・グラフィックス)の分野に携わっていた頃、どの路線だったか、開通予定の新幹線の走行するデモ映像を観たことがあった。CGで作られているのは車輌だけでなく、その走行する背景の山野も丸ごとCG映像なのだ。

 映像を読み取ることで、走行ルートが特定されたり、それに伴って世に混乱などが生じたりすることを防ぐためだ。

さらに、線路と並走する一般道には、交通が規制された上で、仮設の線路も。ミニ新幹線試乗会が行われていた。
Photo_06
そして、この手のイベントには付き物の顔ハメ(^_^;
Photo_07

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月24日 (土)

国際交流講演を聴きに行く

 国際交流についての講演を聴きに行く。

 講師は、NPO法人ふじみの国際交流センター理事長の石井ナナヱさん。

 兼高かおるに憧れていたが、ご自身は外国に行く機会もなく、子どもさんたちを外国へ。

 先々で、とても親切にしていただいたと聞き、自分は外国から来た方たちに親切にしてあげようと活動を始められたそうな。

 外国から来た方たちの中には、もちろん、日本人と結婚した外国籍の女性やその子弟も含まれる。

 事例として紹介されたのは、例えば、次のようなエピソード。

 イスラムの戒律にしたがい、学校給食で出されるブタ肉を食べるのを控えていたところ、問題とされた。

 同センターが給食センターに電話して相談すると、
「それなら、ブタ肉アレルギーということにしておいては」
と提案され、そのとおりにしてみると、別献立のメニューが出されるようになったとか。一応、丸く治まった形。興味深い話だ。

 他にも、日本人男性とうまくいかなかった外国籍女性の例なども。石井さんの
「私は日本人同士で結婚しましたが、それでもなかなかうまくいかなかったくらいですからねえ」
という一言が、聴衆に一番ウケていた(^_^;

 2020年もいよいよ近づいてきた。ケムール人だけでなく、二度目の東京オリンピック開催を機に、外国から、さぞかし大勢の方たちが訪れることだろう。

 おまけのコーナー。今回は、アニメのお題を二つ。

『銀河英雄伝説』。
Photo_01
 原作小説はライトノベル最初期の作品とされ、20世紀アニメ版ではベテラン声優陣の顔ぶれから、収録時声優さんたちの組合の集まりかと間違われる。新作のウワサはかねがね聞いていたが、ついに来月テレビ放送開始。
「銀河の歴史が、また1ページ」
(このナレーションは流れるのかな?)

『ヤマノススメ』。
Photo_02
 以前、アニメ『ガールズ&パンツァー』のキャストの方々のラジオ番組を聴いていた時期、冷泉麻子役の井口裕香さんの番組でタイトルだけは耳にしてたけど、こーゆー画ヅラだったのね。

登山の安全な楽しみ方について啓蒙するねらいも。Photo_03

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月11日 (日)

確定申告終える

 平成29年分の所得税確定申告書を提出する。

 自分で申告書を提出するようになって、もう10年ほどになるだろうか。今回は、作成した書類を郵送して提出するパターンにしてみた。

 で、突然ですが、ここで確定申告についてのウンチクを少々。

 「確定申告」の「確定」とは、いったい何が・どう確定するのでしょうか。皆さん、お分かりになりますか。(ココカラ、池上彰さんの口調で)

 その前に、「所得税」とは?

 今回の例でいえば、平成29年の一年分の「所得」にかけられるのが「所得税」。そして、「所得」とは、その一年の間に入ってきたお金から出ていったお金を差し引いたお金のこと。つまり、こうですね。

 (所得)=(収入)-(経費)

 わたしたちは、少なくとも現在のところ、すでに起こった出来事を過去にさかのぼって変更する手段を持ち合わせていません。したがって、平成29年の12月31日の23時59分59秒を過ぎて平成30年になった瞬間に、この「収入」と「経費」の額が確定し、よって、両者の差額である「所得」もまた、自動的に確定します。その「所得」をもとに申告をするので、「所得税の確定申告」というわけですね。皆さん、お分かりになりましたか。(池上彰さんの口調、ココマデ)

おまけ。おっさんのウンチク話などおもしろくもないでしょうから、アニメのポスターでも。Photo_1
 今期、唯一リアルタイムで追いかけている番組。「一手損角換わり(いってぞんかくがわり)」なんて言葉は、この作品で初めて知ったぞ。んで、放送に付き合っているのは、むろん、ミッチがキャスティングされているからさ(^_^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月 3日 (土)

「高木亮きりえ展~風の景色」再び

 先週に続き、「高木亮きりえ展~風の景色」を観に行く。

 前回は初日のため、さらに、オープニングコンサートもあってゴッタ返しており、ゆっくりと観られなかったので。先生とも一瞬ご挨拶して用意の手土産をお渡しするのが精一杯だったさorz

前回撮り損ねた蕨市立歴史民俗資料館の前景。この辺りは、江戸時代中山道の宿場町として栄え、大名などが宿泊する旅籠があった所。そのたたずまい。
Photo_01
 とはいえ、今回も小学3年生以上を対象とした「きりえ体験」が催されていた。

 先週の騒ぎとはうって変わって、先生のご指導のもと、子どもさんたちが熱心に、そして、黙々ときりえ制作に取り組んでいた。

こちらは、同館右手前の門に掲示された告知。
Photo_02
 先生と、やっと落ち着いてお話しができた。先週のスピーチはとても緊張されていたそうだが、いやいや、とても立派でしたよ。

「ほんとうにねぇ、立派になられてねぇ」

て、もぉえぇちゅうねん(^_^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月24日 (土)

「高木亮きりえ展~風の景色」初日

 蕨市立歴史民俗資料館にて今日から開催の「高木亮きりえ展・風の景色」を観に行く。

会場でいただいた立派なパンフレット。
Photo_01
高木先生とは、まだ20世紀だった頃からのお付き合い。
Photo_02
「ほんとうにねぇ、立派になられてねぇ」て、法事で久しぶりに会った親戚のおばさんか(^_^;
Photo_03
ここまでご覧になられただけでも、先生の切り絵のすばらしさの一端が、お察しになられましょう。
Photo_04
 初日の今日は、オープニングコンサート~風のひなまつり~も開催。

同プログラム。
Photo_05
曲目を見ただけでも、全15曲。
Photo_06
 会場は、満場のお客さんですしづめ状態に。今や遅しと開演を待ちわびる。わたしは、最後列でそっと見守ることに。まあ、にぎやかしですから(^_^;

 冒頭、高木先生のご挨拶。続いて、市長さんらのご挨拶も。午前中、先生のご案内で展示作品を見て周られたそうだ。市長さんは、そのまま先生のお隣の席で演奏を鑑賞された。

 終わってみれば、アンコールも含め、二時間を超える堂々たるコンサート。

会場で配られた歌詞カードを手に、皆で合唱する場面も。
Photo_07
身近に音楽に触れられるよい機会だ。
Photo_08
 コンサート冒頭の先生のご挨拶の中で、わたしが特に印象的だったのは、描かれた風景が写真の模写や取材に基づくものではなく、心に浮かんだイメージを形にしたものという点。

 それらを心に想い浮かべるとき、その景色の中に身を置き、頬に触れる風や陽射し、暑さ寒さや湿度、肌を伝う汗などを感じられているのだとか。

 そういえば、最近読んだ本、鴻上尚史著・白水社刊『演技と演出のレッスン 魅力的な俳優になるために』にも、レッスンの一つとして、同じようなことが書かれてあったっけ。

 画家であれ、役者であれ、人に何かを伝えようとするとき、表現する側は、同じようなことをしているのかもしれませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月15日 (木)

「古武道に学ぶ」受講修了

 講座「古武道に学ぶ」の受講を修了。

 この講座は、先月下旬より月をまたいで今日までの全4回。週に一度、一回あたり一時間半のコース。

 講師は、剣住会代表にしてカルチャースクールや福祉施設で指導しておられる野本政晴先生とアイ(漢字わからづ)さんのお二人。

 講座名に「筋力に頼らない、体に負担をかけない身のこなし方」とあるとおり、これまで知らずにいた人の身体の使い方をいくつも教わることができた。非力なわたしにピッタリさ(^_^;

 いや、教わったからといっても、たかだか合計6時間の受講だけでスグに先生と同じようにできるはずもなく、ましてや、古武道の達人になど一生なれやせんのだろうが……orz

 今日最終日には、先生が教えておいでの教室の案内もいただいたので、通える教室を探してみることにしよう。

いきなり「ブログに載っける写真を!」とお願いしたせいか、とまどいの表情を浮かべたままのお二人。ああっ、スンマセン(^_^;
Photo_01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月 4日 (日)

スポーツ・ジム通い二周年

 近所のスポーツ・ジムに通い始めて丸二年が経過。

 基本、週に一度、1時間程度カラダを動かしてきた。一年目は走ってばかり。二年目の途中からは泳ぐことも。

 どーしても時間が取れなかったり、体調が思わしくなくて見合わせたりしたこともあり、皆勤賞には、ほど遠くorz

 残っているメモを見返すと、「走る・泳ぐ・休む」の比は、「7:2:1」ほど。

 通い始めたキッカケは、下腹がポッコリ出ていたのと、あまりにも体力が乏しいのをどーにかしようとしてのこと。

 自分的には、そらあ多少はマシんなってきたよな雰囲気なきにしもあらずなんだけれども、同世代の平均的レベルに較べれば、まだまだズゥ~ンと劣るのは、なぁに、これまでとナ~ンモ変わらんわさ(^_^;

おまけ。おっさんの健康話などおもしろくもないでしょうから、美女子の画像でも。
Photo_01
 以前『特撮ゼロ』誌でインタビューさせていただいた、わたなべ麻衣さん。

 上のは、昨年出版された雑誌の表紙。グーゼン本屋さんで出くわし、思わず保護。まあ、お布施ってことで(^_^;

 早いもので、あれから二年あまり。今年に入っても、あいかわらずご活躍のようでなによりっス!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月 8日 (月)

西本喜美子写真展「遊ぼかね」観覧

 新宿三井ビル1階エプソンイメージングギャラリー・エプサイトにて開催中の 西本喜美子写真展「遊ぼかね」を観に行く。

 西本喜美子さんは、熊本県在住の89歳(!)のアマチュア写真家。

 アートディレクターであるご長男の主宰する写真講座に参加して初めてカメラに触れ、80代にして熊本県立美術館で個展を開催。さらに、画像処理ソフトを巧みに使いこなすと、写真集『ひとりじゃなかよ』を刊行するなど大活躍。今やネット上には、センスあふれる自撮り写真への称賛の声が拡がっている。

 例えば……。

ごきげんな感じで車と並走してみたり……。
Photo_01
お仏壇に向かって手を合わせているうちに、空中浮遊。
Photo_02
そうかと思えば、なぜか頭にスコップが突き刺さったり……。
Photo_03
あげくの果てに、幽霊になってみたり……。
Photo_04
 とにかく愉快、の一言。

 アマチュアでも、地方在住でも、後期高齢者でも、ここまでできるというお手本を示していただいた感じ。いやホントーに、おばあちゃん、カッコいいっス!ブラボー、ブラボー!

おまけ。JR東日本のスタンプラリー今年は、『機動戦士ガンダム』。君は、集めきることができるか?!
Photo_05

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月 2日 (水)

ピロリ菌が見つかる(^_^;

 地元の保健センターの案内にしたがい、先々月からもろもろ検診を受けてきた。

 胃がん検診では、幸いがんだの潰瘍だのは見つからなかった。

 その代わりというわけでもないんだろうが、ピロリ菌が見つかってしまう(^_^;

 担当の先生は、さっそく退治しましょうとばかり、薬を出してくれたり、服用の効果があったかどうかを調べる検査の日程をテキパキと決めてくれたりした。

これが、その薬(一日分)。7日間、飲み続けなくてはならないそうだ。その間、下痢気味になったりといった副作用もあるそうだが、そんなことより問題なのは、禁酒・禁煙しなくてはならんことだっ。しくしく。
01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧